"遊びの天才に学ぶ"所さん流「おうち時間」の過ごし方『情熱大陸』

2020/5/15 18:11

2019年10月、『情熱大陸』は、"テレビの人"として40年以上第一線で活躍し続ける所ジョージを取材していた。レギュラー番組は9本、月曜から金曜日は毎日テレビ局に通い、収録を行う所ジョージ。

サムネイル
『情熱大陸』所ジョージ


テレビ放送後『情熱大陸』がGYAO!にて無料配信>>

その一方で、土日には仕事は入れず、平日も収録前に早起き、畑を耕し、歌を作り、家族と食卓を囲み、自分のさまざまなアイデアを次々とカタチにしていく日々を送っていた。見えてきたのは、テレビカメラに映らない、こういったステイホームの日常をめいっぱい楽しむ姿。そして、このことが、テレビの向こうのお茶の間の人々を楽しませることにつながっている、ということだった。

あれから半年。新型コロナウィルスの感染拡大に伴う影響で、所ジョージの主戦場であるテレビの現場は、収録やロケがストップする状況に陥っていた。多くのテレビタレントは自宅待機を強いられ、もちろん所ジョージも例外ではなかった。

40年以上"テレビの人"だった所ジョージは、今、どのような日常を送っているのか? そして、この現状をどんな風にとらえているのか。番組では、リモート中継を使って、インタビューを敢行。さらには、所ジョージの"今"をカメラに収めてもらった。

今回は、10月に放送できなかった未公開映像に加え、"所ジョージ流おうちの過ごし方"に焦点を当てる。

■所ジョージ(ところ・じょーじ)
1955年1月26日生まれ、埼玉県所沢市出身。
22歳の時に「ギャンブル狂想曲/組曲 冬の情景」でシンガーソングライターとしてデビュー。その後、ラジオパーソナリティーを経て、テレビ番組で活躍。
また黒澤明監督映画「まあだだよ」などで俳優として、宮崎駿監督のアニメ「崖の上のポニョ」などで声優としての活動など活躍は多岐にわたる。
プライベートでは、車やバイク、エアガン、ファッションなど多彩な趣味をもつ。
8年前からYouTubeも始めた。超のつく、愛妻家。孫2人のおじいちゃんでもある。

テレビ放送後『情熱大陸』がGYAO!にて無料配信>>


(文/トレンドニュース編集部)