【閲覧注意】アブラゼミで"手ブラ"......昆虫好きタレントが"セミヌード"を超える「虫ダジャレグラビア」に挑戦

2020/5/18 13:56

昆虫食を趣味とする現役ナースタレントの荒川真衣が、胸元をセミで隠すなどの"虫ダジャレグラビア"を披露した。

サムネイル
『有吉反省会』出演の荒川真衣


セクシー? 笑える? 荒川真衣の大胆虫グラビア>>

荒川は看護師と芸能活動の二足のわらじで活動中のタレント。5月16日に放送された日本テレビ系『有吉反省会』で、荒川は「虫が好きすぎるあまり、SNSが昆虫だらけになっている」ことを反省した。「アリのアヒージョ」や「キャベツとミルワームのクリーム煮」など昆虫料理をSNSにアップしており、「昆虫を食のひとつとして取り入れたい」と訴えた。

コオロギを飼育している衣装ケースや、ペットのゴキブリなども公開され、昆虫の魅力を熱弁する荒川。昆虫を生かしたグラビアとして、バストトップにクマゼミをのせた"セミヌード"に挑戦したこともあると語った。衝撃的なトークを経て、番組MCを務めるお笑いタレント・有吉弘行は、荒川に"禊(みそぎ)"として、「いろんな虫を使って、"セミヌード"を超えるダジャレグラビアをやってみてください」と命じた。

まず荒川は、チャイナドレスのスリットにイナゴを貼り付けたチャ"イナゴ"ドレス姿に変身。さらにお次は、ガーターベルトにクワガタを貼り付けたクワ"ガーター"ベルト姿も披露。「ガーターベルト着けたことない」と困り気味だった荒川だが、白い下着とガーターベルトを見事に着こなしてみせた。

その後もミニス"蛾(が)"ポリスや"ゲンゴロウ"ギャル、「デカいチョウでご開チョウ」に挑戦し、博多大吉が考案した「カブト(覚悟)のキリギリス(ギリギリ)ヌード」にもチャレンジ。Tバック1枚で、美ヒップをカブトムシとキリギリスで彩ったセクシーな(?)写真を公開した。バカリズム考案の「手ブラゼミ(アブラゼミ)」グラビアでは、胸元をアブラゼミで隠しただけの姿になり、「出来栄えとしては120点。体を張って虫のことを広めたい」と意気込んだ。

セクシー? 笑える? 荒川真衣の大胆虫グラビア>>

(文/原田美紗@HEW