鳥居みゆきが『行列の女神』第5話で"過保護な母親"役を演じる 元ブリリアン・コージらもゲスト出演

2020/5/19 17:08

5月18日に放送されたテレビ東京系ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第5話は、アルバイト候補者役を演じる面々に注目。お笑い芸人の鳥居みゆきが、強烈な母親役を演じている。

サムネイル
『行列の女神』出演の鳥居みゆき・竹内一希


強烈! 鳥居みゆきの"過保護な母親"演技>>

漫画『らーめん才遊記』(作:久部緑郎、作画:河合単)を原作とした同ドラマは、ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長の芹沢達美(鈴木京香)が、苦境にあえぐラーメン店を救う物語だ。

第5話は、ラーメン評論家・有栖(石塚英彦)のお気に入りの中華食堂の後継者を探すエピソードだった。「清流企画」新人・ゆとり(黒島結菜)は、アルバイト面接を担当するが、候補者たちはクセモノばかり......。候補者たちを演じるのは、鳥居みゆき、元ブリリアンのコージ・トクダ、お笑いコンビ・納言の薄幸、お笑いコンビ・土佐兄弟の土佐有輝、お笑いコンビ・まんじゅう大帝国・竹内一希、元ラグビー選手で俳優の佳久創という個性豊かな面々だった。

遅刻しておきながら悪態をつくコージ・トクダの演技なども強烈だが、鳥居みゆきの母親役はインパクト大! 黙々とゲームをする息子(竹内一希)の横で、「うちの子は真面目で一生懸命で優しい子なんですよ」と目を見開いて熱弁する母親役を演じた。

Twitter上では「突然の鳥居みゆき(笑)」「鳥居みゆきの出番ww」と驚く声が上がった。女優としても活動する鳥居だが、母親役というのは新鮮だったようで、「鳥居みゆきが母親役...」「鳥居みゆきのお母さん役がツボ」と評判だ。

強烈! 鳥居みゆきの"過保護な母親"演技>>

(文/原田美紗@HEW