『THE突破ファイル』で特集の「埼玉の山賊」がトレンド入り!? 野球ファンが反応「所沢にいるぞ」

2020/5/22 16:11

日本テレビ系『THE突破ファイル』で、夜の山道で自動車を狙い金品を強奪する「埼玉の山賊」が特集された。これになぜかプロ野球ファンが反応。Twitter上ではちょっとした大喜利合戦が繰り広げられて......。

サムネイル
"埼玉の山賊"とは?


ぺこぱ・松陰寺太勇が「埼玉の山賊」に立ち向かう!>>

同番組は、実際に起きた驚きの"突破劇"を再取材し、再現ドラマとクイズで伝えるバラエティ。5月21日に放送された同番組では、人気お笑いコンビ・ぺこぱらが出演する再現ドラマで"埼玉の山賊"について特集した。

埼玉県の山中にある夜景スポットで、角材や鉄パイプを持った男たちがカップルの乗った車を挟み撃ちにして襲う事件が続発した。突如山の中に現れることから、犯人たちは「埼玉の山賊」と呼ばれていた。再現ドラマでは、山賊の手口や、警察との攻防が描かれた。

ところが、番組放送中からTwitter上になぜか「埼玉の山賊? ライオンズの特集でもやってるの?」といったツイートが続出。実は、"山賊"はプロ野球・埼玉西武ライオンズにとって強力打線の愛称なのだ。古くは1970年代に江藤慎一率いる打線が「山賊打線」と呼ばれ、近年も山川穂高、森友哉、中村剛也らを擁する圧倒的な打撃力が再び山賊打線と恐れられている。

そのため、Twitter上では「突破ファイルの埼玉の山賊の話をうけて山賊打線を思い浮かべたライオンズファンは多いはず」といった書き込みのほか、「埼玉の山賊なら所沢にいるぞ」「俺の知ってる埼玉の山賊も丸太みたいな木材使ってるな。メープルとかアオダモ製の(バット)」など大喜利のようなツイートも多く上がり、一時「埼玉の山賊」がトレンド入りする事態に。さらに、警官役を演じたぺこぱの松陰寺太勇が同じパ・リーグの千葉ロッテマリーンズの熱狂的なファンであることから、「埼玉の山賊vs松陰寺巡査って構図が面白すぎた」といった声も見られた。

ぺこぱ・松陰寺太勇が「埼玉の山賊」に立ち向かう!>>

(文/大木信景@HEW