『きょうの猫村さん』第8話、猫村さん(松重豊)の過去の姿が衝撃的 視聴者「脳がバグった」

2020/5/28 16:05

松重豊が"猫の家政婦"役で主演するテレビ東京系ドラマ『きょうの猫村さん』第8話が、5月27日に放送された。猫村さんとぼっちゃん(濱田岳)の出会いが描かれて、過去の猫村さんの姿に驚かされた視聴者も多かったようだ。

サムネイル
『きょうの猫村さん』第8話


ある意味、衝撃? 子ども時代の猫村さんの姿>>

同ドラマは、ほしよりこの大人気漫画が原作。自分を拾ってくれた飼い主・ ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金をためようとする猫村ねこ役を松重豊が被り物姿で演じている。

もちろん猫である猫村さんだが、長身の松重が演じているため、登場人物の誰よりも大きい。第3話で奉公先の女主人・犬神冴子(小雪)が「大きな猫ちゃんね」と少々メタ的なセリフを言った際は、視聴者たちが「確かに大きな猫ちゃんだ」などと盛りあがっていた。

しかし、第8話の回想シーンで、ぼっちゃんと出会ったころの猫村さんは小さかった。......小さいというより、こちらは完全に普通の猫のビジュアルだ。Twitter上では、「猫村さんの小さい頃がアレで大きくなったらああなるんだな...」「猫ちゃん立派になられました」「やっぱり猫だったんだなぁと再確認」「成長したら松重豊になるから脳がバグった」と驚く声が相次いだ。

また、第8話は冒頭の料理シーンにも注目。特製メニュー"ネコムライスエッグ"を作る松重豊の慣れた手つきに驚かされた視聴者も多かったようで、「玉子の片手割り来たーー!!」「フライパンの振り方と卵の割り方が完全に主婦ってたぞ...」といった感想も寄せられている。

ある意味、衝撃? 子ども時代の猫村さんの姿>>

(文/原田美紗@HEW