劇団ひとり、妻・大沢あかねと共演しない理由は? かつて想像した"引退のタイミング"も明かす

2020/6/ 1 15:26

お笑いタレントの劇団ひとりが、妻であるタレント・大沢あかねと共演しない理由を「仕事がなくなったときのカンフル剤に取ってある」とぶっちゃけた。また、かつて引退のタイミングを想像してみたことも明かしている。

サムネイル
『ゴッドタン』出演の劇団ひとり


芸人たちが毒舌連発!『ゴッドタン』で生まれた数々の"腐り名言">>

5月30日に放送されたテレビ東京系『ゴッドタン』では、ハライチ・岩井勇気、インパルス・板倉俊之、平成ノブシコブシ・徳井健太たち"腐り芸人"を集めて、"腐り名言"でカルタを作る企画が行われた。「大抵売れてない先輩ほど芸人以外の活動を認めない」や「それほど仲良くもないくせに、仲良しコンビが売れる風潮になってから、そういうことにしてるコンビ朽ち果てろ」といった腐り名言が生み出された。

「む」のお題で、ひとりは「息子と娘を使ってでも出続けたい」と回答。「まだ手を出してないけど、本当に仕事がなくなったら、その手は取っておく」という言葉に、おぎやはぎ・矢作兼も「最後は身を削らなきゃいけませんからね」とうなずいた。ひとりは「奥さんとの共演もまだしていない。仕事がなくなったときのカンフル剤に取ってある」と冗談めかしてぶっちゃけ、「僕が奥さんと共演したら、『こいつ焦ってんな』と思って」と続けて笑いを誘った。

また、ハライチ岩井の「のびのびやれる番組は2クールで終わる」という回答を受けて、話題は『ゴッドタン』へ。ひとりは「前に『いつ引退するのかな?』とか思ったとき、『ゴッドタン終わったらやめようかな』って思った」と明かした。岩井は「ゴッドタンに出てない人でも、ゴッドタン終わったら絶望する芸人は多いと思う。『テレビで純粋なお笑い番組ってもう必要ないんだ』ってなっちゃう」とひとりの言葉に理解を示した。

芸人たちが毒舌連発!『ゴッドタン』で生まれた数々の"腐り名言">>

(文/原田美紗@HEW