地味女子から美女になったヒロインが、15年片思いした相手に決意の告白『ラブリラン』第3話

2020/6/ 2 17:07

中村アン主演の記憶喪失から始まる新感覚ラブコメディ『ラブリラン』。第3話では、南さやか(中村アン)の最終プレゼンの競合相手が、15年間片想い中の幼なじみ・鷺沢亮介(大谷亮平)だと判明するところから始まる。

サムネイル
『ラブリラン』第3話


古川雄輝のドSっぷりに胸キュン>>

デザイナーとして初めて憧れの亮介と戦うさやかは、全力でプレゼンの準備を進める。 プレゼン終了後、さやかは亮介から「改めてさやかの誕生日を祝おう」と言われ、全力で自分磨きにはげむ。しかし誕生日当日、おしゃれをして家を出るさやかに、町田翔平(古川雄輝)から、「(亮介に)便利使いされているだけ」と冷ややかな態度を取られ、さやかはその態度に憤りを感じる。

そしてさやかは、ついに亮介への告白を決意するのだが......

古川雄輝のドSっぷりに胸キュン>>

(文/トレンドニュース編集部)