『麒麟がくる』、『エール』と続けて出演......"石原さとみ似グラドル"今野杏南、女優として着実に成長中

2020/6/ 2 18:55

グラビアアイドルで女優の今野杏南が、NHK連続テレビ小説『エール』に出演。今野は今年、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演しており、女優業もなかなか順調そうな様子だ。

サムネイル
今野杏南『あんな小説家』


小悪魔な魅力さく裂! 今野杏南の過去グラビア映像『あんな小説家』を無料配信中>>

今野は、グラビアアイドルの登竜門「日テレジェニック2012」に選出され、上品かつ色っぽいルックスが「石原さとみに似ている」と話題に。Fカップの巨乳と美貌を武器に、トップグラドルへの道を駆け上がっていった。

とはいえ、本人はもともと女優志望だったらしい。女優を活動の主軸にすることを2017年に宣言し、同年10月に公開された出演映画『あゝ、荒野』では、大胆な濡(ぬ)れ場に挑んで話題になった。その後もこつこつと出演作を重ね、2020年2月には『麒麟がくる』に出演。さらに5月には、『エール』にもヒロイン・音(二階堂ふみ)が体験入店したカフェーの女給役で出演した。どちらも端役ではあるが、大河と朝ドラの現場に連続して携わったというのは、女優としての着実なステップアップを感じさせる。

また、今野は2014年に作家デビューも果たしており、同年に官能小説『撮られたい』(TOブックス)を出版。今年1月~3月には東京スポーツにて官能小説『イケないわたし』の連載にも挑んだ。

ルックスとスタイルの両方に恵まれながらも、グラビア界を飛び出し、女優に作家と活躍の場を広げる今野。2020年もまだ半ばにもかかわらず、朝ドラ、大河、小説連載と話題続きで、今後の彼女の歩みからも目が離せない。

小悪魔な魅力さく裂! 今野杏南の過去グラビア映像『あんな小説家』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW