元ぽっちゃり少年が人気V系バンドマン、"美容の神"に成長......美を追求した結果がすごすぎる

2020/6/ 9 17:17

6月6日に放送されたテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に、人気エステティシャンのヒィロさんが登場。ぽっちゃり体形だった少年時代、ビジュアル系バンドマン時代などの写真が公開され、容姿の激変ぶりでスタジオ一同を驚かせた。

サムネイル
『激レアさんを連れてきた。』元ぽっちゃり少年が人気V系バンドマン、"美容の神"に成長(イメージ)


ぽっちゃり時代は大木凡人似!? 超イケメンの進化の軌跡>>

小顔&痩身(そうしん)サロン『Lily』のオーナー兼エステティシャンであるヒィロさんは、「もともとぽっちゃり少年だったのに、美に目覚めすぎてV系バンドマンとなり、さらに度が過ぎて神エステティシャンになっちゃった人」として番組に登場した。ヒィロさんの中学3年生のころの写真が公開されると、現在とは全く異なる雰囲気の姿に、タレントのファーストサマーウイカも「お母さんじゃなくて?」「大木凡人さん似」と目を丸くしていた。

ヒィロさんは、「親が食べさせるのが好きで、おデブちゃんになってしまった。それでいじめられてしまって、小5から中3の終わりまで引きこもっていた」と告白。当時は美への興味もなく、「どちらかというと、めちゃくちゃ不潔だった。ずっとお風呂も入らなくて鏡も見なかった」と振り返った。

そんなヒィロさんを変えたのが、伝説的ビジュアル系バンド・Janne Da Arcとの出会いだった。「こんなに美しい人が世の中にいるのか」と衝撃を受けた結果、半年で約25キロの減量に成功。さらにビジュアル系バンド・ν[NEU]を結成し、ヒィロさんの美意識はますます高まっていった。音楽活動を引退後は、エステティシャンに転身して、いまや予約枠が一瞬で埋まるほどのカリスマに。当時のバンドメンバーによる証言や、ライブ映像なども公開されて、ヒィロさんの変身ぶりにスタジオ一同驚くばかりだった。

ぽっちゃり時代は大木凡人似!? 超イケメンの進化の軌跡>>

(文/原田美紗@HEW