羽生結弦の殿様役は必見! 実話を基にした庶民vs.藩の3億円を巡る頭脳戦映画『殿、利息でござる!』無料配信中

2020/6/17 15:00

江戸時代中期の仙台藩吉岡宿を舞台にした実話を、ユーモアたっぷりの時代劇で描く、映画『殿、利息でござる!』(2016年公開)が動画配信サービス『GYAO!』にて6月24日23時59分まで無料配信中。

時代劇初主演の阿部サダヲや、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演しているが、終盤に仙台藩主として登場する、フィギュアスケートの五輪金メダリスト・羽生結弦選手の演技は必見だ。

サムネイル
『殿、利息でござる!』に殿様役で出演の羽生結弦


羽生結弦がちょんまげ姿で殿様役を演じる『殿、利息でござる!』無料配信中>>

■あらすじ
金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。

羽生結弦がちょんまげ姿で殿様役を演じる『殿、利息でござる!』無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)