パリパリとふわふわ、あなたはどっち派? 極上の食感"フレンチトーストの世界"&イエローに徹底的にこだわった男"黄色の世界"『マツコの知らない世界』

2020/6/30 15:08

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。6月30日(火)放送の内容は「フレンチトーストの世界」と「黄色の世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』フレンチトーストの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■フレンチトーストの世界/宮田一輝(フレンチトーストに囚われ過ぎている料理人)
今、フレンチトーストがちょっとしたブームとなっている。コロナ自粛の最中に有名ホテルのレシピが公開されたことや、コンビニエンスストア各社もさまざまなバリエーションを販売するなど激戦となっている。ダスティン・ホフマン主演の映画『クレイマー、クレイマー』に登場した影響で1980年代の日本でフレンチトーストブームが起こったが、現在はその再燃の勢いとのこと。

今回「フレンチトーストの世界」を語るのは「自分のお店ではメニューにないから作っていません」というホテルシェフの宮田一輝さん。宮田さんは子供の頃作ったピクニックの弁当が女の子にウケ、料理人を目指し、就職してパティシエに。ところがその勤め先で作った"まかないのフレンチトースト"に先輩から「まずい」と酷評を受けてしまう。そのリベンジを果たすため宮田さんは1000軒以上を食べ歩いてきたという。宮田さんは研究の成果を伝えながら、食べ歩きで出会ったフレンチトーストを厳選して紹介している。

さらに「パリパリ派」と「ふわふわ派」に分れる好みの問題に迫る。双方ほぼ同店舗数が混在する激戦区「台東区」にある宮田さんオススメの味をマツコが食べ尽くす。甲乙つけがたい味と食感にマツコも悩む。果たしてマツコはどちらのフレンチトーストを選ぶのか?

サムネイル
『マツコの知らない世界』黄色の世界


■黄色の世界/イエローイエロー(黄色の世界に住みたい黄色デザイナー)
「黄色の世界」を語るのは、たまたま黄色い服を着ていた時に「お似合いね」と褒められたことがきっかけで人生が花開いたデザイナー、イエローイエローさん。黄色を追求するあまり出身地の横浜から「黄」という漢字が付く奈良県の「黄地町」へと引っ越してしまうほど徹底したこだわりの持ち主だ。

そんなイエローイエローさんが集めた1万点以上の黄色グッズコレクションからバッグやママチャリなどの思い入れグッズや、見ているだけで癒やされる黄色い絶景を選りすぐって紹介している。また食べると幸福感に満たされるという黄色グルメをマツコと味わう。さらに黄色を取り入れただけで売り上げがアップした店など、なんとも景気のイイ話が続々と飛び出してくる。「黄色は幸福を呼ぶカラー」という神話が「なるほど」と感心させられてしまうコーナーだ。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)