田中圭がゲスト出演した『深夜食堂』が再放送 当時25歳のフレッシュな演技に「真骨頂」の声

2020/7/ 1 18:57

MBS・TBS系ドラマ『深夜食堂』の第1シーズン・第7話が6月30日に再放送された。当時まだ20代だった俳優・田中圭がゲスト出演しており、切ない恋に悩む大学生役を演じている。

サムネイル
『深夜食堂』田中圭が大学生役で出演


田中圭がゲスト出演した『深夜食堂』を無料配信中>>

同ドラマは、安部夜郎の同名コミックが原作。繁華街の路地裏にひっそりたたずむ小さな"めしや"を舞台に、性別・年齢・境遇が異なるさまざまな客と繰り広げられる人間模様を描いている。

第1シーズン・第7話では、不器用な若者ふたりの恋が描かれた。タレントを目指しているリサ(村川絵梨)は、新聞配達をしながら大学に通う苦学生・中島(田中圭)と"めしや"で出会い、タマゴサンドを分け合う。中島は暗いうちから新聞配達をし、それが終わると睡魔と闘いながら勉学に励み、夕刊の配達をするという厳しい生活を送っていた。そんな彼に合わせて店に通うようになったリサだが、やがて仕事が軌道に乗り始め――。

『深夜食堂』にゲスト出演した田中は当時25歳。初々しさ全開の田中は、言葉数こそ少ないものの、切ない表情や泣き顔など胸にグッとくる演技を見せている。なかでも、「俺とリサさんが住んでる世界は違いすぎるから」と苦しそうに言う姿に切なさを感じた視聴者は多いだろう。

当時の田中の演技を称賛する声は多く、Twitter上でも「言葉少ないけど切ない表情がよかった」「初々しさと陰のある若者、すごくハマってた」「これぞ20代の圭くんの真骨頂」といったコメントがあった。また、物語の切ない展開に「中島くんめちゃくちゃいい子だし彼女とも両想いなのに格差とか辛すぎ」といった声も寄せられている。

田中圭がゲスト出演した『深夜食堂』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW