宮崎あおい&堺雅人演じる夫婦愛が泣ける! 実話を元にした感動作『ツレがうつになりまして。』を無料配信中

2020/7/ 2 11:24

宮崎あおいと堺雅人が夫婦役を演じた映画『ツレがうつになりまして。』(2011年公開)が、動画配信サービス『GYAO!』にて7月21日23時59分まで無料配信中。「近しい人間がうつを発症したら?」という現代人にとって身近なテーマを描いた感動作だ。

サムネイル
『ツレがうつになりまして。』出演の宮崎あおい・堺雅人


ラブラブ夫婦を襲う危機......映画『ツレがうつになりまして。』を無料配信中>>

同映画は、漫画家・細川貂々の実体験を描いたベストセラーが原作。仕事をバリバリこなすスーパーサラリーマンの"ツレ(堺雅人)"は、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。妻・晴子(宮崎あおい)はツレに退職を迫るが――。

うつが身近な病気となった現代では、「パートナーなど近しい人間がうつを発症する」というシチュエーションは誰の身にも起こりうることだろう。うつ病患者の苦悩に加えて、「ツレの変化にまったく気づくことができなかった」という周囲の人間側の苦しみも本作では描かれている。

物語の後半、ツレは自宅で自殺を図る。「僕はここに居ていいのかな」と号泣して訴えるツレ、「ここにいていいんだよ」と泣きながら彼を抱きしめる晴子......。実話を元にした本作の内容はあくまでヘビーだ。しかし、それでも不思議と心温まる味わいに仕上がっているのは、晴子とツレの仲睦まじげなやりとりがあるからこそだろう。夫婦の確かな絆に、思わず目頭が熱くなる。

宮崎あおいと堺雅人、ふたりの名演によって、何気ない日常の尊さが一層胸に迫る。うつ病というテーマに関心がある人はもちろん、"夫婦愛"や"感動"といったキーワードに反応する人も必見の作品だ。

ラブラブ夫婦を襲う危機......映画『ツレがうつになりまして。』を無料配信中>>

※宮崎あおいの「崎」は正式には「たつさき」。

(文/原田美紗@HEW