【※グラビア動画あり】令和のギャルブームにのり......ゆきぽよが"新生バラエティクイーン"に

2020/7/ 2 16:00

恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』出演をきっかけに、いまやバラエティ番組で引っ張りだこのタレント・ゆきぽよ(木村有希)。ギャル文化に再び注目が集まる今、彼女が"国民的ギャル"として注目されるのは当然の結果かもしれない。そんなゆきぽよのセクシーなグラビア映像『Yukipoyo Tube』が動画配信サービス『GYAO!』にて無料配信中だ。

サムネイル
ゆきぽよ『Yukipoyo Tube』


"国民的ギャル"ゆきぽよが初挑戦したグラビアDVD映像を無料配信中>>

ゆきぽよは、ギャル系ファッション雑誌『egg』の読者モデルとしてデビューし、2017年に配信された恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』に出演。女性参加者25人の中でも目を引くギャルぶりで、同番組をきっかけに一躍大ブレイクした。その後、本家アメリカ版バチェラーに日本人参加者として唯一出演を果たしたのは、それだけ彼女が魅力的だったということの証拠だろう。

近年、ギャル文化に再び注目が集まっている。その盛りあがりのひとつが、ゆきぽよも読者モデルを務めていた雑誌『egg』の復刊だ。2014年に休刊した同誌だが、2018年3月よりウェブにて復活。2019年5月、10月には復刊号が発売されるまでに至った。また、近年は『おしえて!ギャル子ちゃん』や『はじめてのギャル』、『ギャルと恐竜』といったアニメが放送され、ギャルは2次元においても人気のキャラクターになっている。

Twitter上では、「ギャルになりたい」「心にギャルを住まわせる」といったツイートが無数に投稿されており、どうやら現代において"ギャル"とは、「裏表がなく、自分に正直に生きる」「根は真面目で優しい」といったイメージの存在としてポジティブに捉えられているらしい。

ゆきぽよは、6月24日に生放送されたTBS系『東大王』ではクイズに失敗した共演者を励ますなど、バラエティ番組における振る舞いが「優しい」とたびたび称賛される。また、大物タレント相手でも怯(ひる)まずイジる姿などは、まさに現代のギャル像と一致していると言えるだろう。

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太は、TBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』において、「新生バラエティクイーン」のひとりにゆきぽよを数えた。他にも"みちょぱ"こと池田美優、ファーストサマーウイカの名前を挙げて、「どの番組でも助けてくれる。MCとして見たら、このうちひとりいたら助かる」と太鼓判を押していた。

華やかなルックスの持ち主で、根は真面目で優しく、物怖じしないが気遣い上手......。現代の人々があこがれる "ギャル"そのままのゆきぽよが、まだまだテレビ業界を席巻しそうだ。

サムネイル
ゆきぽよ『Yukipoyo Tube』


サムネイル
ゆきぽよ『Yukipoyo Tube』


"国民的ギャル"ゆきぽよが初挑戦したグラビアDVD映像を無料配信中>>

ゆきぽよ DVD『YukipoyoTube』双葉社公式サイト(外部サイト)

(文/藤原利絵@HEW