『ギルティ』第5話、"年下男子"神尾楓珠の本性とは!? 危険な魅力あふれるベッドシーンにドキッ

2020/7/ 6 15:20

「登場人物、全員裏切り者」というキャッチフレーズの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(毎週木曜23時59分より放送)の第5話で、新たな"裏切り者"が発覚。寺嶋睦月(神尾楓珠)の裏の顔に思わずキュンとした視聴者もいたようだ。

サムネイル
『ギルティ~この恋は罪ですか?~』第5話 夫と決別...驚愕の裏切りが発覚!


神尾楓珠が演じる年下男子の本性......危険なベッドシーンにドキッ>>

同ドラマは、丘上あいによる累計150万部の人気漫画が原作。女性誌編集者の爽(新川優愛)の完璧な生活は、愛する夫・一真(小池徹平)の裏切りをきっかけに崩れ去る。傷ついた爽の唯一の心の支えは、偶然再会した高校時代の恋人・秋山(町田啓太)だった――。

神尾楓珠が演じる寺嶋睦月は、爽が働く女性ファッション誌の編集部でバイトしている大学生だ。何かと爽を気にかけるけなげな年下男子という印象のキャラクターだったが、7月2日に放送された最新話で、彼の裏の顔が明らかになった。なんと睦月は、一真の不倫相手・及川瑠衣(中村ゆりか)と結託し、爽を陥れようと画策していたのだ。

Twitter上では、睦月の裏切りに「寺嶋最低」「やべぇやつだったのか」「ただのイケメン枠ではなかった」と驚く声が続出した。一方で、手駒として使う中村結(結城モエ)とのベッドシーンなど"悪い男"の色気を出してきた睦月に心ときめかせた視聴者もいたようだ。「悪いやつだけどかっこいい」「最低すぎだけどかっこよすぎて許しちゃう」「女をひとりだました後のあふれる色気」と称賛する声も多く寄せられている。

これまで泥沼の愛憎劇の中で、瑠衣が悪女ぶりから"ラスボス"と呼ばれていたが、今後は睦月も存在感をさらに増していきそうだ。はたして彼の真意とは? 爽を愛しすぎたゆえの行動か、それとも......? ネット上では、睦月の心理について考察する声も上がっている。

神尾楓珠が演じる年下男子の本性......危険なベッドシーンにドキッ>>

(文/原田美紗@HEW