多部未華子が大森南朋と朝まで手つなぎ......『私の家政夫ナギサさん』は"おじキュン"ドラマ

2020/7/ 8 16:31

TBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』が、7月7日より放送スタートした(毎週火曜22時~)。家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)がおんぶしてくれるシーンや、朝まで手を握ってくれるシーンが、おじさま好きの視聴者をときめかせたようだ。

サムネイル
『私の家政夫ナギサさん』第1話


おじさま好きは必見!? 『私の家政夫ナギサさん』を無料配信中>>

眞栄田郷敦がイマドキ新入社員の『私の部下のハルトくん』を無料配信中>>

同ドラマは、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミックが原作。主人公・相原メイ(多部未華子)は、働き盛りのキャリアウーマンだが、家事と恋は不器用なアラサー独身女子。そんな彼女のもとに、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が現れるハートフルラブコメディだ。

第1話では、製薬会社のMRとしてバリバリ働くメイが、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)に営業で負けてしまい、ショックでふて寝する場面が描かれた。ナギサに「あなたは本当に頑張っています」と励まされたメイの目には涙が......。さらにメイがナギサにおんぶでベッドに運ばれたり、帰ろうとするナギサの手を握って「行かないで」と呟(つぶや)き、朝まで一緒に過ごすシーンも放送された。

Twitter上では、周囲の期待に応えようと必死なメイに対して、「多部ちゃんの涙が切なくて泣いた」「共感して大号泣」という声が寄せられている。ナギサの優しさに心ときめいた視聴者も多かったようで、「おんぶかあ!!!おんぶかあ.........」「行かないでなんて惚れちまうやろ~~~~~~~美しすぎる」「究極のおじキュンなんですけど」といった喜びの声も相次いだ。

なお、7月14日22時より放送される第2話では、天敵である田所が、実はメイの隣の部屋に住んでいることが判明。動揺が収まらない中、今度はメイの母・美登里(草刈民代)が家にやってきて、メイは必死にナギサの存在をごまかそうとする――。

また、動画配信サービス『GYAO!』では、メイが働く製薬会社の新入社員・瀬川遙人(眞栄田郷敦)を主人公とした配信版オリジナルストーリー『私の部下のハルトくん』も配信中。イマドキ男子である遙人の悩みや恋愛事情、葛藤を通した成長などが描かれる。

サムネイル
『私の部下のハルトくん』出演の眞栄田郷敦


おじさま好きは必見!? 『私の家政夫ナギサさん』を無料配信中>>

眞栄田郷敦がイマドキ新入社員の『私の部下のハルトくん』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW