木村拓哉と"ツンデレ"市川実日子の恋(?)に新展開 不器用なデートの誘い方にキュン/『BG~身辺警護人~』第4話

2020/7/10 15:43

テレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』第4話のラストでは、主人公の島崎章(木村拓哉)が整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)をデートに誘った。仕事中とは異なる章の不器用な振る舞いにときめいた視聴者が多かったようだ。

サムネイル
『BG~身辺警護人~(2020)』出演の木村拓哉(イメージ)・市川実日子


『BG~身辺警護人~』第4話、木村拓哉の不器用なデートの誘い方にキュン>>

同ドラマは、木村拓哉がボディガード役で主演する人気ドラマの第2シーズン。利益優先の組織を飛び出し、私設ボディガードとして活動する島崎章の活躍を描いたストーリーだ。第4話では、20年間ニート生活を続ける生田大輔(岡田義徳)から身辺警護を依頼された。

島崎が笠松多佳子(市川)を助けて以来、ふたりの仲が急速に深まっているが、今回も関係に進展があった。息子の瞬(田中奏生)から「笠松が自分のことを意識している」と指摘されていた島崎は、しどろもどろになりながらも、「あの~じゃあ今度。メシ......ご一緒というか、ごちそうします」と電話で伝えた。笠松は一瞬驚いた表情を浮かべた後、「誤解しないで。誘ったわけじゃないんだから」とツンデレな反応を見せていた。

仕事はプロフェッショナルなのに、恋愛は不器用な島崎のギャップにときめいた視聴者が多かった様子。Twitter上では「デートのお誘いに緊張してる島崎さん可愛い~」「恋愛に不器用なキムタクも推せるぜ......」といった声が寄せられている。また、そんなふたりの恋模様に対して「多佳子先生ツンデレなんだから!」「やだ、キュンキュンしちゃう」「今後の二人の展開が楽しみ」といったコメントもあり、ふたりの関係に注目が高まっているようだ。

『BG~身辺警護人~』第4話、木村拓哉の不器用なデートの誘い方にキュン>>

(文/藤原利絵@HEW