夢のコラボ!『アンナチュラル』の刑事、大倉孝二と吉田ウーロン太が『MIU404』第3話に登場

2020/7/10 19:03

綾野剛と星野源がダブル主演を務めるTBS系ドラマ『MIU404』(毎週金曜22時~)。7月10日(金)放送の第3話では、石原さとみ主演の『アンナチュラル』に、西武蔵野署の刑事役で出演していた大倉孝二と吉田ウーロン太が、同作と同じキャラクターの毛利刑事、向島刑事としてゲスト出演する。

サムネイル
『MIU404』第3話


綾野剛・星野源・松下洸平、"塩顔パラダイス"な3ショット『MIU404』第2話>>

第3話では、西武蔵野署管内で続発するわいせつ事件、そしてその事件の捜査をかく乱するように頻発するイタズラ通報の捜査に伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)ら4機捜メンバーが乗り出す。もともとは3機捜のヘルプで入った4機捜メンバーだが、西武蔵野署からの正式な捜査協力依頼を受け、毛利、向島とタッグを組んで事件に隠された真相を追うことになる。

■大倉孝二コメント
西武蔵野署の毛利刑事という役を、やらせていただくことになりました。これは以前、『アンナチュラル』というドラマでやらせていただいた役でして、お話をいただいた時は意味がよくわかりませんでした。いまだによくわかっていませんが(笑)、勝手に受け取ったありがたみを噛(か)みしめながら、ドラマに貢献出来るよう励みたいと思います。

■吉田ウーロン太コメント
まさか『アンナチュラル』の世界線とリンクしてるとは、僕が向島役じゃなくても興奮します。『アンナチュラル』は2017年に撮っていたので、3年も前の役が出来るかなあとやや不安でした。でも今回『MIU404』の台本を読んで「そうだそうだ、向島はこんなこと言うやつだった」と思い出しています。現場で大倉さんにお会いして「そうだそうだ、こんな上司だった」と思い出しました。ご覧になる皆さんの心にも「そうだそうだ」がこだますることを願っています。

■第3話あらすじ
西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は"通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち"というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。
これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り......。

サムネイル
『MIU404』第3話


サムネイル
『MIU404』第3話


サムネイル
『MIU404』第3話


綾野剛・星野源・松下洸平、"塩顔パラダイス"な3ショット『MIU404』第2話>>

(文/トレンドニュース編集部)