"強制わいせつ犯"岡崎体育が怖すぎる!? 『MIU404』第3話の怪演に「気持ち悪い」と絶賛の声

2020/7/13 17:15

綾野剛と星野源がダブル主演を務めるTBS系ドラマ『MIU404』第3話にシンガーソングライター・岡崎体育がゲスト出演した。女子高生を襲う強制わいせつ犯役の怪演ぶりが視聴者から絶賛されている。

サムネイル
『MIU404』第3話


『MIU404』第3話の"強制わいせつ犯"岡崎体育が怖すぎる>>

『MIU404』は、「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」という架空の機関を舞台にしたオリジナルドラマ。7月10日に放送された第3話では、伊吹(綾野)と志摩(星野)が、頻発するいたずら通報の捜査に乗り出した。捜査中、いたずら通報グループの一員である女子高生・真木(山田杏奈)が本当に襲われてしまう事件が発生する。

近年は俳優としても活躍する岡崎が演じたのは、真木を襲う強制わいせつ犯役だ。嫌がり絶叫する真木を前に「大人しくしようね」「いい子だねぇ」と薄ら笑いを浮かべる不気味な演技を披露している。岡崎の怪演に対して、Twitter上では「岡崎体育気持ち悪いの最高」「まじ気持ち悪いの上手すぎてゾッとする(最大の賛辞)」「素晴らしい仕事ぶり!」と称賛の声が寄せられた。

なお、岡崎はドラマを鑑賞しながら、「強制わいせつ犯とか、怖すぎやろ。最低やな。」「気持ち悪ゥ!」とTwitterで感想を"実況"。放送終了後には「犯罪者、ニート、オタクのキャラのキャスティングお待ちしておりまーす!」とアピールした。

さらに岡崎は母親から送られてきたというLINEの内容も公開した。母親の「SNSで岡崎体育が犯罪者顔って言うてはる人達ほんまに許せない 犯罪者顔ってどういう事やねん 太ってて不細工なだけやんか!!」というメッセージに対して、岡崎は「最後の一行でダメージ与えてくる母」とツッコミを入れている。

なお、第4話では、伊吹と志摩が殺人未遂事件の通報を受けて現場へ急行。被害者女性が1億円を持って姿を消したという情報を得たふたりは、女性を追うことになる――。

サムネイル
『MIU404』第3話


サムネイル
『MIU404』第3話


『MIU404』第3話の"強制わいせつ犯"岡崎体育が怖すぎる>>

(文/藤原利絵@HEW