『ギルティ』第7話、"悪女"瑠衣(中村ゆりか)の狂気が加速! ケーキのシーンが怖すぎる

2020/7/20 17:48

泥沼の愛憎劇で人気を集める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(毎週木曜23時59分より放送)の第7話が、7月16日に放送された。物語のラスボス的存在である瑠衣(中村ゆりか)の"ケーキのシーン"が視聴者を恐怖させたようだ。

サムネイル
『ギルティ~この恋は罪ですか?~』第7話 復讐の連鎖!愛した人と涙の決別


中村ゆりかの怪演が光る!『ギルティ』第7話の"ケーキのシーン">>

同ドラマは、丘上あいによる累計150万部の人気漫画が原作。女性誌編集者の爽(新川優愛)の完璧な生活は、愛する夫・一真(小池徹平)の裏切りをきっかけに崩れ去る。傷ついた爽の唯一の心の支えは、偶然再会した高校時代の恋人・秋山(町田啓太)だった――。

爽を陥れようとしていた寺嶋(神尾楓珠)の正体が一真の元妻・弥生(智順)の弟であることが判明。第7話では、一真と寺嶋が対峙(たいじ)する展開だった。寺嶋はなぜ一真を狙うのか? 寺嶋が明かす衝撃的な事実に対して、一真と一緒に視聴者も驚がくしたことだろう。なお、回想シーンの中での寺嶋の学生服姿に対して、Twitter上では「イケメンすぎる」「学ランの破壊力」「永久保存したい」という声も寄せられていた。

また、第7話は瑠衣の過去が明らかになった回でもあった。しかし、簡単に"かわいそうなキャラクター"の枠に収まらないのが瑠衣だ。自身のウソを秋山に看破されて殊勝な態度で謝る瑠衣だったが、秋山が去った後、彼のために用意していたケーキを......! 

視聴者からは「マジで怖かった」「目が恐ろしかった」「思わず声出たわ」「今回のハイライト」といった声が上がり、これまで悪女ぶりで視聴者に強烈なインパクトを与えてきた彼女の新たな名シーンとなったようだ。

爽も反撃を開始し、次回の第8話から物語は最終章に突入する。瑠衣の禁断の兄妹愛がさく裂するほか、新キャラクターの守屋(桜田通)も登場し、物語はさらにドロドロを増していきそうだ。

中村ゆりかの怪演が光る!『ギルティ』第7話の"ケーキのシーン">>

(文/原田美紗@HEW