脱!何もない県、うどんで目指せ全国No.1!"埼玉うどんの世界"&カスタムが楽しい!"キーボードの世界"『マツコの知らない世界』

2020/7/21 17:04

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。7月21日(火)放送の内容は「埼玉うどんの世界」と「キーボードの世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』埼玉うどんの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■埼玉うどんの世界/永谷晶久(埼玉県を日本一のうどん県にする会 会長)
3年前に東大のうどん部3人が『マツコの知らない世界』で「うどんの世界」を紹介した。その時、付き添いとしてスタジオに来て41秒だけ出演したのが今回「埼玉うどんの世界」を語る永谷晶久さんだ。

永谷さんは千葉県生まれだが12歳から埼玉で育ち、31歳で埼玉出身の女性と結婚。埼玉うどんの魅力を知り、34歳で「埼玉を日本一のうどん県にする会」を設立して、イベントを開催するなど普及活動に勤しんでいるという。

埼玉県内に23種類もあるというご当地うどんの特徴を紹介。ずっしりとしたコシのあるうどんから、まるでタピオカのようなモチモチ感のある麺など市町村ごとにまったく違う特徴があるうどんの面白さを紹介している。また、肉みそうどんやカレーうどんなど、地元で評判のうどんも続々と登場。知られざる埼玉県のうどん文化を楽しむことができる。

サムネイル
『マツコの知らない世界』キーボードの世界


■キーボードの世界/ぺかそ・びあっこ(最新のキーボードニュースを毎週日曜に配信する2人組)
パソコンが趣味という方は周辺パーツにもこだわりを持っている。今回「キーボードの世界」を紹介するのは、もはやビジネスの領域で活躍し、最新キーボードニュースを毎週日曜に配信しているという2人組、ぺかそさんとびあっこさんだ。

ぺかそさんは大学時代に市販キーボードの配列が気に入らず自作を始め、びあっこさんはぺかそさんが出した本と出会い、自作キーボードに目覚めたという。

2人は、意外と知らないキーボードの基礎知識と、日本語には不向きな理由、日本語向きの配列などを紹介している。さらにキーボードを選ぶ最大のポイントとなる打鍵感(だけんかん)という「打ちこんだ感触」を機種ごとにマツコと確かめる。

キーボードにこだわりがないという方も、自分に合ったモノが欲しいとお考えの方にも、知って得する情報が満載のコーナーだ。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)