瀬戸康史と指切り&あごクイ......『私の家政夫ナギサさん』ハイスペ男子役に胸キュン

2020/7/29 17:50

TBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』に登場するハイスペック男子・田所優太(瀬戸康史)の指切りシーンやあごクイシーンなどが、視聴者の心をときめかせているようだ。

サムネイル
『私の家政夫ナギサさん』第4話


ハイスペ男子・瀬戸康史の胸キュンな指切り&あごクイ>>

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミックが原作。主人公・相原メイ(多部未華子)は、働き盛りのキャリアウーマンだが、家事と恋は不器用なアラサー独身女子。そんな彼女のもとに、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が現れるハートフルラブコメディだ。

瀬戸康史が演じる田所優太は、メイが務める製薬会社のライバル会社・アーノルド製薬のMR。仕事ぶりは優秀で、性格・ルックスも完璧という、非の打ちどころがないハイスペック男子だ。第3話でも田所とメイが一緒に食事する一幕があったが、7月28日に放送された第4話では、さらにふたりが急接近。同じマンションに住んでいることを「ふたりの秘密」と指切りで約束したり、夜の公園で田所がメイに"あごクイ"したりと、胸キュンなシーンが続いた。

おじさん家政夫の魅力が詰まった"おじキュン"ドラマとして人気を集める本作だが、どうやら"田所派"の視聴者も増えている様子? Twitter上では「瀬戸康史と二人の約束って指切りしたい......」「あんなに見つめてあごクイ...心臓止まるわ」「瀬戸康史がもう最高すぎるからもっとくれ!!!」と盛り上がっていた。また、部屋で髪を下ろしている田所の姿に対しても、「お風呂上がりの瀬戸康史爆イケ過ぎた、、、」「前髪おろしのオフモードカッコ良い~」といったコメントが寄せられた。

なお、8月4日に放送される第5話では、メイが帰宅すると、母・美登里(草刈民代)が父・茂(光石研)の還暦パーティーに向けてナギサから料理を教わっていた。メイは、これを機に絶縁状態の母と妹・唯(趣里)を仲直りさせようとナギサさんと極秘作戦を決行する。

ハイスペ男子・瀬戸康史の胸キュンな指切り&あごクイ>>

(文/藤原利絵@HEW