コロナ禍でも負けない姿に感動! 『深イイ話』日テレ新人アナ、デビューの舞台裏に元気がもらえる

2020/8/ 4 18:30

8月3日に放送された日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』で、同局の新人アナウンサーに密着した。コロナ禍が研修などにも影響を及ぼす中、それでも前向きな新人たちの姿が「感動した」と反響を招いている。

サムネイル
『人生が変わる1分間の深イイ話』令和初入社!日テレ新人アナウンサー密着...水卜&桝の研修も大公開!


コロナ禍でも前向きな日テレ新人アナが涙......デビューの舞台裏に感動>>

同番組では、日本テレビに今年度入社した石川みなみアナ、忽滑谷こころアナ、田辺大智アナ、北脇太基アナの4人に密着し、デビューまでの裏側に迫った。新型コロナウイルス感染拡大の影響により入社式後の予定が白紙になり、次の出社日までもが未定の状態だったらしい。

新人研修もリモートで行われ、ようやく対面研修が実現したのは、入社から2ヵ月がたった6月初旬のことだった。休憩を挟みながら1日で6時間も発声練習をした4人は「めちゃくちゃ疲れました」「エグい......」と疲れ切った様子だったが、ハードな研修に懸命に挑んでいた。

限られた時間の中で、4人は同局の桝太一アナや水卜麻美アナら先輩アナウンサーによる研修に取り組む。リモート研修の弊害もあり、新人の田辺大智アナが桝太一アナに「リモートでやっているから本番の空気ってのをたぶんわかってない」と指摘される場面もあった。また、豊田順子アナによるニュースの本番を見据えたシミュレーション研修では予期せぬトラブルが起き、視聴者をハラハラさせた。

コロナ禍で全く先が見えない状態の中でも前向きに研修に励む4人の姿や、デビューが決まった瞬間の感動の涙、デビュー本番の堂々たる姿に、多くの視聴者が心を打たれたようだ。Twitter上では「前向きな姿勢に元気をもらえました!」「今年は泣けた~! コロナに負けず出来る事を頑張ろう!!」「深イイ話普通に感動した」「なんか涙出てきた...」といった声が寄せられていた。

コロナ禍でも前向きな日テレ新人アナが涙......デビューの舞台裏に感動>>

(文/藤原利絵@HEW