『私の家政夫ナギサさん』メイを取り巻く4人の男性......あなたなら誰を選ぶ?

2020/8/13 16:20

TBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』には、家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)、仕事上のライバルである田所優太(瀬戸康史)、会社の後輩・瀬川遙人(眞栄田郷敦)、営業先の医師・肥後菊之助(宮尾俊太郎)と、多部未華子が演じる主人公・相原メイを取り巻く4人の男性が登場する。どうやら恋に発展する可能性もありそう!? それぞれ異なる魅力を持った4人のキャラクターを紹介する。

サムネイル
スーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)


ナギサ、田所、瀬川、肥後......あなたなら誰を選ぶ?>>

■家事が完璧のスーパー家政夫! 癒やし系おじさん・鴫野ナギサ(大森南朋)
メイに雇われた50歳のおじさん家政夫。家事全般を完璧にこなし、指名率は常にナンバーワンをキープしている。謙虚で穏やかな人柄と、独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験を併せ持ち、たびたびメイの心を救っている。第1話の時点では、ナギサに対してメイが「おじさんなんて無理!!」と叫んでいたが、生活をともにすることでふたりの距離は縮んでいるようだ。

■イケメンで仕事もデキる! ハイスぺ男子・田所優太(瀬戸康史)
メイが務める製薬会社のライバル会社・アーノルド製薬のMR。仕事ぶりは優秀で、性格・ルックスも完璧という、非の打ちどころがないハイスペック男子だ。メイと同じマンションに住んでおり、第4話では、「ふたりの秘密」と指切りで約束したり、夜の公園でメイに"あごクイ"したりと、ふたりの関係は回を追うごとに深まっている。どうやら田所もメイのことを気になっている様子......!

サムネイル
イケメンで仕事もデキる・田所優太(瀬戸康史)


■イマドキ新入社員だけど憎めない? 弟ポジション・瀬川遙人(眞栄田郷敦)
メイが働く製薬会社の新入社員。やや世間知らずな"イマドキの若者"で、たびたびメイを苛立たせることも......。しかし、素直で勉強熱心でもあるため、どこか憎めない弟キャラだ。チームのリーダーとしてバリバリ仕事をこなすメイを「頼れる先輩」と慕っているが、その感情が尊敬ではなく恋かもしれないと悩んでいる。第6話では、素直さゆえに、メイ本人に「恋じゃないですかね?」とストレートな質問をぶつける場面もあった。

サムネイル
イマドキ新入社員・瀬川遙人(眞栄田郷敦)


■結婚を前提にお付き合い!? 誠実な医師・肥後菊之助(宮尾俊太郎)
メイの営業先・肥後すこやかクリニックの二代目医師。患者はもちろん、MRに対しても誠実に接し、穏やかで気さくな人柄から多くの信頼を得ている。メイが同僚から勧められたマッチングアプリで肥後に「いいね」したことから、肥後はメイのことを意識しはじめる。第3話では、メイを食事に誘い、「僕と付き合っていただけませんか? 結婚を前提に」と告白する猛アプローチを見せた。

サムネイル
誠実な医師・肥後菊之助(宮尾俊太郎)


メイを取り巻く男性は、魅力的なキャラクターばかり。タイプの異なる4人の男性の中で、あなたなら誰を選ぶ? なお、8月18日に放送される第7話では、ついにナギサの過去が明らかになる。一方、田所(瀬戸康史)も思わぬ行動に出て、メイとの関係に急展開が訪れるようだ。

ナギサ、田所、瀬川、肥後......あなたなら誰を選ぶ?>>

(文/藤原利絵@HEW