【インタビュー】Kobore「そこで見たものしか話せないし、聞いたものしか歌えない」

2020/8/19 12:00

動画配信サービス「GYAO」、ストリーミングサービス「AWA」のフォローアップのもと、日本工学院専門学校の学生がアーティストインタビューを行う、ネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。

サムネイル
Kobore・ギター&ボーカルの佐藤赳


【ミュージックビデオ】Kobore「FULLTEN」「HAPPY SONG」GYAO!にて無料配信中>>

今回の選出アーティストは、8月5日にメジャーデビューアルバム『風景になって』をリリースしたkobore。結成から5年、ライブバンドとして走り続け、満を持してメジャーの世界へ踏み出していくkoboreがこのアルバムで見せてくれる風景とは? そして、この状況下に於(お)いてもライブバンドとしての姿勢を貫き通す、ツアー決行への熱い思いについて佐藤赳(Gt、Vo)に訊(き)いた。

■ふと思い出してくれるくらいでいい

──まず、メジャーデビューが決まった時の率直な感想を教えていただけますか。

佐藤:......嬉しいです(笑)。ただメンバーもそれぞれ話してるけど、メジャーデビューだ! ってすごい感じはなくて。親とか友達からいっぱい連絡来るとか、そういうことばっかりですね。だから、まだ実感がないっていうのが一番大きいです。リリースしてからいろいろなところで言われてようやく浸透していくのかなっていう雰囲気は感じてます。

サムネイル
「聴いてくれている人の風景になればいいな」


──アルバムでのデビューとなりますが、タイトル『風景になって』は、どういう思いでつけられたのですか?

佐藤:自分の作る曲が聴いてくれている人の風景になればいいなと思い、このタイトルを付けました。ただ『風景になって』というタイトル自体はアルバムを作る前から決まっていたので、このタイトルに曲をかぶせていった感じです。前作が『零になって』というタイトルだったんですけど、そのアルバムを引き継ぐように付けました。koboreはCDにいろいろな関連性を持たせるのが好きなので。

──koboreとして印象に残っている風景は何かありますか?

佐藤:ライブをたくさんやっているので、ライブですかね。でも、お客さんが居ない、まばらで少ない感じのほうが印象には残ってますね。地方とか行くとそういう風景がよくあって、くやしい! って気持ちになるから。

サムネイル
「"こういう感じで歌っていくんで、よろしくお願いします!" みたいな」


──では楽曲についてお聞きしますが、まず1曲目の「FULLTEN」ですが、この曲はメジャーデビューが決まってから作られたものでしょうか。

佐藤:そうですね。もともと、こういう曲が作りたかったです。1曲目はショートチューンでプロローグみたいな曲にしたかったんですよね。歌詞はメジャーデビューが決まってからできた曲ではあるんですけど、自分たちに向けてメッセージを書いた曲というか、"こういう感じで歌っていくんで、よろしくお願いします!" みたいな1曲目だと思っています。

── MUSIC VIDEOは、最初から最後までスタジオでの演奏シーンになっていましたね。これはメンバーの意見があってのものでしょうか。

佐藤:アルバムタイトルが『風景になって』ということで、白バックのほうが見てくれる人が風景を想像しやすいのかなと思って、"白バックにしてほしい!"って言って、あの背景になりました。koboreがどういうところで演奏したら似合うのかとか、そういういうところまで想像してもらえたら嬉しいです。

──歌詞中で メジャーでもインディーズでも自分たちは変わらないということをつづっていますが、そう考えるようになったきっかけはありますか?

佐藤:うーん......、そもそも音楽っていう存在はお金とかじゃないと僕は思ってるし、自分の憧れているバンドがそうであったように、自分もそうなりたいなって。あと今までに歌った曲の歌詞を見て、やっぱり音楽は音楽として見るべきなんだなと思いましたね。

──変わらないと思う中でも、結成当初と現在を比べて成長していると思える部分はありますか?

佐藤:技術面においては、みんな意識は高まったと思います。僕はスタジオとか練習が嫌いなんですが、他の3人はライブがない日とかオフの日とかは絶対スタジオに入るって決めて練習してるんです。その辺のスキル面やライブツアーもほかのバンドには何も言われたくないって思っているので、メンタル面はかなり向上できたんじゃないかなと。

サムネイル
「カタカナがめちゃくちゃ好き」


──続いて「HAPPY SONG」についてなんですが、歌詞の"サニーデイ""レイニーデイ"が英語ではなくカタカナ表記なのは何かしらの理由がありますか?

佐藤:あんまり英語が好きじゃなくて、今までは英語のタイトルをつけたことがなかったんですけど、今作はいくつか入っていてkoboreにとっては新しいんですよね。でも歌詞は別ですね。ここはあえてというか、見栄えの良さを意識してカタカナにしています。カタカナがめちゃくちゃ好きなので、カクカクしててかっこいいなと(笑)。

──「イヤホンの奥から」は、週刊誌やSNSで他人をたたくことに対して歌われていますが、これはご自身の経験からですか?

佐藤:これは、このコロナ禍を通じて書いてみようと思った曲です。自分がSNSをやめた理由を歌詞に起こしてみたらこういう感じになりました。

──歌詞中に《イヤホンの奥から 俺がなんだってひっくり返してやる / ぶっ壊してやる》とありますが、誰かが悩んでいる時にkoboreの曲を聴いてほしいと思ったりしますか?

佐藤:......全部聴いてほしい(笑)。でも、悩んでるから、悲しんでるから僕らの曲を聴いてくれって感じではなくて、ふと思い出してくれるくらいでいいんですよね。実際悲しくなったら、その人がその時に好きだと思った音楽を聴くのがいいんだと思います。

──「夜に捕まえて」もですが、koboreは夜をテーマにした曲が多い印象を受けます。楽曲制作の仕方との関係や意図するものがあるのでしょうか。

佐藤:特に僕らが夜を歌うバンドだって言っているわけではなくて、そういう感じになっちゃってるんだなって。みんなが言ってて、僕は改めて口コミの面白さとか怖さを感じましたね。でも、夜をテーマにした曲が多いっていう理由を1つ挙げるとすれば、単純に夜に歌詞を書くことが多いからですかね。帰りの機材車の中で書いてたりするので(笑)。

──そういうことなんですね。あと「当たり前の日々に」ですが、この曲を聴いて、"伝えられるうちに思いを伝えておかなければ"という使命感や祈りのようなものを感じたのですが。

佐藤:これは、4年前くらいのデモ曲を改めて再録したものなんです。当時ライブバンドにしたいがゆえに、年間140本くらいツアーを回っていた時期があったんだけど、その頃ってライブのある1日を一瞬、あっという間に感じてて。でも家に帰ったら、今度は1日がめっちゃ長いなって感じた瞬間に、"あの時の一瞬ってめちゃくちゃ噛(か)み締めないといけなかったんだな"って思って、この歌詞を書き起こしました。

──この曲がアルバムの結びの曲である理由も、何か意図するものがあるのでしょうか。

佐藤:メンバーチェンジした時に、もし今後メジャーデビューすることができたら、その時は全部今の俺らの音源に変えようって決めていたんです。で、その時出すアルバムの最後に入れようと思っていました。

■"デフォルト"みたいなことはしたくない

──続いて、ツアーやライブについてお聞きします。まず、7月19日開催の「GREEN SPARK 2020@大阪城音楽堂」にて、久しぶりに有観客ライブを行っての感想やお客さんの見え方の違いなど感じたことはありますか?

佐藤:ずっとふわふわしていて、感覚を思い出すという以前になんか面白い感じでしたね、いつもにはない緊張感というか。お客さんも行きたくてしょうがないけど行けない、何も言わなくてもマスク越しで伝わるヒヤヒヤした感じというか。やってみてすごく楽しかったけど、この状況が早く終わって、ちゃんとやりたいって思いましたね。ただ、そこでしか出来ないことは出来たんじゃないのかな。いつもは聴けないところを聴いたり、注視してないところが見えたりとか。野外っていうのもあって、いつものライブとは違った感覚を味わえてるようにお客さんから感じましたね。聴いてくれてるなって。

──3月には配信ライブも行っていましたが、目の前にお客さんかいない状態でのライブはどうでしたか?

佐藤:撮られているという感覚でライブをするのはすごく新鮮で、なんか変な感じでしたね。普段だったら最短距離で僕らのことを見られるのが、撮られている自分がみんなに写されて伝わっているというのは違和感がありました。でも府中Flightは自分たちにとって落ち着く場所だったので、やって良かったと思ってます。

──今回のアルバム発売に伴い、全国35カ所を回るツアー『HEBEREKE TOUR 2020』が発表されていますね。延期、中止が多い現在の状況下で、このツアー決行の決め手となったものはなんでしょうか?

佐藤:決め手というか、もう走り出しちゃったんで(笑)。走るしかないよね、って感じ。あと、この状況の中で、次とか言っていられないような気がして......。今35カ所回らないと、来年にはなくなってるライブハウスがあるんじゃないかって。だから今やらなきゃって思ったんですよね。行きたいところに今行かないと、このアルバムをこの日に出した意味もないなと。

サムネイル
「"デフォルト"みたいなことはしたくない」


──koboreのライブは熱さや思いが真っすぐに伝わってくる印象が強いのですが、ライブをする上で大切にしていることやツアーに向けての思いはありますか?

佐藤:"デフォルト"みたいなことはしたくないと思っています。もともとこういうことを言おうとか決めてライブはしないようにしてる。その土地でしか言えないことがあると思うし、そこで見たものしか話せないし、そこで聞いたものしか歌えないし。その土地に合った、出逢(あ)った人とかを意識しながらそこでしかできないライブをしたいなと毎回思っていますね。ツアー先で散歩をするのが好きなので、そこで見た風景とかをアルバムに因んで話していければと思っています。

──散歩をするのがお好きという話がありましたが、今までたくさんの場所を回った中で特に記憶に残っている風景はありますか?

佐藤:島根県とか......なんにもなくて良いですよ(笑)。なんにもないところがめっちゃ好きで、邪魔なものがないと言うか。風景は風景だけど色が多い風景が好きじゃなくて。島根県は本当に単色の景色がずっと流れているっていう感じが好きです。そういう色が少ない景色を見ると、自分でも溶け込んで良いんだって思わせてくれるんですよね。

──現在弾き語りツアーを行っていますよね。バンドとしてのツアーとは別に、弾き語りツアーを行う理由はなんでしょうか?

佐藤:画面越しで発信できるメディアはたくさんある中で、僕たちはずっとライブバンドとしてやってきたのでそこだけは絶対にブレたくなくて。実際に来てもらって、僕の音楽を聴いてもらった方が話は早いと思ったし。どうにかして行きたい所に行きたいって思った時にガイドラインが発表されて。これだったら弾き語りできるじゃんと思って、"やろう"って。キャンセルになってしまった所をひたすら書き出していって、今回その6カ所を回るツアーに至りました。

──ライブやイベントの際に、スタッフに求めることは何かありますか?

佐藤:僕ももともとライブハウスの店員だったので......、"笑顔"じゃないですかね。人当たりの良さとか。素っ気ない感じはちょっとライブハウスっぽくないなって。あとフランクに接してくれるような人が1人いたらもっとライブハウスは明るくなるんじゃないかなとは思います。

──メジャーデビューを超えた今、今後の目標はありますか?

佐藤:ジャンルをなくしたいなと思ってます。ギターロックとかエモーショナルバントとか、意味の分からないジャンルをいっぱい耳にしたりしてて、このバンドはこうだっていう話になっちゃうのはもったいないと思うんです。僕はみんなにいろいろな人に出会って、いろいろな音楽を聴いてほしいと思ってる。だからkoboreはいろいろなジャンルの音楽と戦えるようになりたいし、そういう壁を越えてお客さんと通じ合えるようなバンドになりたいと思っています。

──それでは最後の質問になります。漠然とした質問になるのですが、あなたにとって音楽とは?

佐藤:ラストむず!(笑)。音楽は唯一触れられないもので、温度とか、そういう人間味とかを感じられるものだとは思っています。これ聞けって言われて聞くようなものじゃないと思うし、勝手に流れてくるぐらいがちょうど良いものだとは思っているので。イヤホンから流れてきた曲で熱量だとか、今回のタイトルじゃないですけど、この曲聴くとあそこの場所思い出すなあとか、そういうものであってほしいなと思いますね。

サムネイル
取材したメンバーと一緒に撮影


【ミュージックビデオ】Kobore「FULLTEN」「HAPPY SONG」GYAO!にて無料配信中>>

Kobore公式サイト(外部サイト)>>

Kobore公式Twitter(外部サイト)>>

■商品情報
Kobore Album『風景になって』2020年8月5日リリース
日本コロムビア ¥2,800(税別)

■ライブスケジュール
『kobore HEBEREKE TOUR 2020』
9/20(日) 千葉 LOOK
9/21(月・祝) 横浜 F.A.D YOKOHAMA
9/24(木) 静岡 UMBER
9/26(土) 四日市 CLUB CHAOS
9/27(日) 梅田 Shangri-La
9/29(火) 奈良 NEVERLAND
10/7(水) 松江 AZTiC canova
10/8(木) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
10/11(日) 名古屋 RAD HALL
10/15(木) 札幌 BESSIE HALL
10/18(日) 青森 Quarter
10/20(火) 新潟 GOLDEN PIGS RED
10/22(木) 金沢 vanvan V4
10/23(金) 仙台 MACANA
11/3(火・祝) 下北沢 GARDEN
11/5(木) 長崎 アストロスペース
11/7(土) 熊本 Django
11/8(日) 福岡 Queblick
11/10(火) 松山 WstudioRED
11/11(水) 高知 X-pt.
11/14(土) 滋賀 B-FLAT
11/15(日) 浜松 メスカリンドライブ
11/24(火) 松本 ALECX
11/28(土) 和歌山 CLUB GATE
11/29(日) 京都 KYOTO MUSE
12/1(火) 神戸 KOBE 太陽と虎
12/2(水) 広島 Cave-be
12/4(金) 鹿児島 SR HALL
12/5(土) 大分 T.O.P.S Bitts HALL
12/6(日) 徳島 club GRINDHOUSE
12/12(土) 那覇 Output
12/17(木) 盛岡 Club Change WAVE
12/19(土) 郡山 CLUB#9
12/20(日) 水戸 LIGHT HOUSE

サムネイル
4人組ギターロックバンド・kobore


■Kobore(コボレ)
佐藤 赳(Gt,Vo)、田中そら(Ba)、安藤太一(Gt,Cho)、伊藤克起(Dr)の4人からなる。2015年結成。2016年にリリースした demo CD「ヨルノカタスミ」をきっかけに、2017年ビクターロック祭りに O.A 出演を果たすなど注目を集める中、同年 2017年9月に1st mini album「アケユク ヨル ニ」をリリース、全国31カ所のツアーを行う。その後、休む事なくライフと音源制作を重ね2018年3月にはシングル「アフレル」をリリース、全国12カ所のツアーを行う。そしてそのわずか2カ月後の5月には 2nd mini album「ヨル ヲ ムカエニ」をリリース、タワレコメンに選出される。リリースツアーは全国53カ所にも及ぶロングツアーを行い、渋谷 TSUTAYA O-WEST にて行ったツアーファイナルライブは満員、大盛況で幕を閉じる。 2019年1月にはキャリア初となるフルアルバム「零になって」をリリース、全国22カ所のツアーを行う。ツアー初日の府中 Flightのソールドアウトを皮切りに全国各地着実に動員を増やし、ツアーファイナル名古屋編に続き大阪編、そしてツアーファイナル渋谷CLUB QUATTROもソソールドアウトを記録。ROCK IN JAPAN 2019 / MONSTER baSH 2019 / MURO FESTIVAL 2019 / FREEDOM NAGOYA 2019など数々の大型フェスに初出演かが決まる中、息をもつかせぬスピードで新作となる 1st EP「音楽の行方」のリリースし、全国ツアー「ダイヤモンドTOUR2019」も開催し、年末にはFM802「RADIO CRAZY」にも出演。 類まれないスピード感てで急成長を続けるkoboreからまだ目が離せない。

■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

取材:丸山桃花・備前桐香(日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科)
撮影:うつみさな・末田波輝(日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科)