もはや嫌がらせが犯罪級......"悪女"松本まりかに「昼ドラみたい」と反響/『竜の道』第4話

2020/8/19 16:13

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』第4話で描かれた、霧島まゆみ(松本まりか)の嫌がらせが視聴者を恐怖させた。もはや犯罪レベルの嫌がらせもあり、かなりドロドロな内容だった。

サムネイル
『竜の道 二つの顔の復讐者』第4話


"悪女"松本まりかの嫌がらせがもはや犯罪!?>>

同ドラマは、主演・玉木宏が高橋一生と初共演にして双子役を務める本格サスペンス。整形で別人に生まれ変わった兄・竜一(玉木宏)とエリート官僚の弟・竜二(高橋一生)の双子が、両親を死に追いやった霧島源平(遠藤憲一)に復讐するストーリーだ。

8月18日に放送された第4話では、霧島家の長女まゆみ(松本まりか)が、竜二(高橋一生)の血のつながらない妹・美佐(松本穂香)をホームパーティーに招待した。しかし、ふたりの関係を知って美佐に嫉妬したまゆみの憎悪が大暴走! 親しくしているホストクラブの男たちに命令し、プライベートだけでなく職場も狙って美佐を執拗(しつよう)につけまわした。

また、まゆみは「あんたとあたしじゃ住む世界が違う」「血もつながってないくせにずうずうしくいつまでも妹ヅラしちゃって」と、美佐に敵意むき出しの嫌味を投げつけたり、しまいにはヤクザを雇ってミサを拉致する暴挙にも出た。

嫉妬に狂う松本まりかの熱演に、多くの視聴者が驚いたようだ。Twitter上では、「まゆみの嫌がらせ陰湿すぎる」「まゆみの嫌がらせがまるで昼ドラな件」「教師はこれやられたらキツいなぁ」「車で拉致るはさすがに嫌がらせの度を超えて犯罪...」といったコメントが寄せられている。

"悪女"松本まりかの嫌がらせがもはや犯罪!?>>

(文/藤原利絵@HEW