『私の家政夫ナギサさん』に『逃げ恥』ファンが反応した理由とは? 多部未華子&大森南朋が"火曜日"にハグ

2020/8/19 17:09

TBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』で、メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)がハグするシーンが放送された。同番組と同じ枠で放送された大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のファンたちが「火曜はハグの日」と盛り上がっている。

サムネイル
『私の家政夫ナギサさん』第7話


『逃げ恥』ファンも歓喜! 多部未華子&大森南朋が"火曜日"にハグ>>

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミックが原作。主人公・相原メイ(多部未華子)は、働き盛りのキャリアウーマンだが、家事と恋は不器用なアラサー独身女子。そんな彼女のもとに、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が現れるハートフルラブコメディだ。

8月18日に放送された第7話ラストでは、メイがナギサにハグをした。ナギサと別れた後、メイは「あれ? なんでいま私、ハグしたんだろう?」とつぶやいていたが、彼女の疑問に答えるような形で、Twitter上では視聴者から「火曜日はハグの日だから」という声が続出した。これは一体どういう意味かというと、2016年10月期に放送された大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(同系)が関係している。

『私の家政夫ナギサさん』と同じく、TBSの火曜22時枠で放送されていた『逃げ恥』。こちらのドラマでは、主人公の森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)が契約結婚した際、火曜日を「ハグの日」と決めたエピソードが盛り上がったのだ。そのため『逃げ恥』ファンは、『私の家政夫ナギサさん』のハグにも反応している様子。メイとナギサのハグシーンに対して、「硬直するナギサさんかわいい」「ナギサさんにハグしてる多部ちゃんかわいすぎる」という声だけでなく、「やはり『火曜はハグの日』」「あ、そうか火曜日はハグの日」「これはもう、逃げ恥じゃねーか!!!」といったコメントが寄せられていた。

ところで『逃げ恥』といえば、雇用主と従業員の関係性から始まる"ムズキュン"なラブコメディだった。同ドラマと同じく、家政夫と雇い主であるメイとナギサも恋愛関係に発展していくのか? なお、8月25日に放送される第8話では、メイとナギサのハグを目撃した田所(瀬戸康史)が、ふたりの秘密を知ることになる。そんな折、ナギサから「家政夫としてここへ来るのは今日が最後」と伝えられたメイは、激しく動揺する。

『逃げ恥』ファンも歓喜! 多部未華子&大森南朋が"火曜日"にハグ>>

(文/藤原利絵@HEW