横浜流星&浜辺美波が和装ベッドシーンを披露 はだけた胸元にファン興奮/『私たちはどうかしている』第2話

2020/8/20 15:39

日本テレビ系ドラマ『私たちはどうかしている』第2話で、横浜流星と浜辺美波のベッドシーンが放送された。和装姿のふたりの色っぽい演技が、ファンを歓喜させたようだ。

サムネイル
『私たちはどうかしている』第2話


横浜流星&浜辺美波の色気あふれる和装ベッドシーン>>

同ドラマは、累計発行部数200万部を超える安藤なつみの同名コミックが原作。若き和菓子職人・花岡七桜(浜辺美波)と、老舗和菓子屋・光月庵のクールな跡取り息子・高月椿(横浜流星)の運命的な再会と、15年前の殺人事件をめぐる"ラブ・ミステリー"だ。

8月19日に放送された第2話で、椿のプロポーズを受けた七桜は、光月庵で暮らし始めた。大旦那で椿の祖父・宗寿郎(佐野史郎)から、夫婦でありながら部屋が別々なことを怪しまれて、ふたりは同じ部屋で寝ることに。互いに背中を向けて寝ていると、椿が突然15年前の思い出を語りだした――。

親が決めた結婚を破談にするために七桜を利用したはずの椿と、15年前の事件から彼を憎んでいるはずの七桜は、夫婦のフリをしているうちに心の距離を縮めていった。布団の中で七桜は「大嫌いなのに」と葛藤しながらも気持ちが抑えられず椿の背中に抱きつき、彼も七桜を受け入れてキス。着物をはだけさせながら、椿は七桜の首筋に続けざまにキスをした。

和服姿の横浜流星と浜辺美波が披露した、美しくも色気のあるベッドシーンにファンは衝撃を受けた様子。Twitter上では「国宝級美男美女のラブシーンはエロいと言うより美しい」「横浜流星×着物×和室×布団はさすがにえっちすぎてしんどい......」「ファンには刺激が強すぎる」「まだ2話なのに。。。本当に心臓が持たん」といったコメントが寄せられている。

横浜流星&浜辺美波の色気あふれる和装ベッドシーン>>

(文/藤原利絵@HEW