鉄工所勤務の美少女が"バスト100センチグラドル"ちとせよしのになるまで

2020/8/20 17:03

日本テレビ系『マツコ会議』のグラドル特集に出演して話題のグラビアアイドル・ちとせよしの。彼女が2019年2月に出演した動画配信サービス『GYAO!』のオリジナル番組『ぶるぺん』が配信中。鉄工所に勤務していた過去について語っている。

サムネイル
『ぶるぺん』出演のちとせよしの


まだ上京したばかり! 初々しさの残る、ちとせよしの>>

20歳のちとせは、有村架純に似たビジュアルと100センチのバスト、元鉄工所勤務という異色の経歴で人気を集め、8月8日に放送された『マツコ会議』にも出演。本格ブレークが期待されているグラビアアイドルのひとりだ。ちとせにとって初のトークバラエティ出演だった『ぶるぺん』では、少し緊張気味ではあるものの、「胸が大きくなった理由」などについて語っている。

タレントの小池美由が「なんで鉄工所で働いてたの?」と素朴な質問をぶつけると、ちとせは、「進学校に通っていたんですけど、大学で学びたいことがなかったので、就職しようと思って、母親の知り合いの鉄工所に入れていただいた」と説明した。また、つなぎを着た当時の写真も公開された。

趣味でモデル活動をしていたところ、たまたまスカウトされたそう。鉄工所とグラビアの仕事を両立させる苦労を振り返りつつも、「昔から芸能界にあこがれていた。芸能のお仕事は東京ばかりなので、通うことが大変になってきてしまって、こっち(グラビア)をメインにやりたいと思った」と語った。なんと『ぶるぺん』収録当時は佐賀から上京して1ヵ月程度のタイミング。まだ素朴な雰囲気が残るのがかわいらしい。

まだ上京したばかり! 初々しさの残る、ちとせよしの>>

(文/原田美紗@HEW