【『半沢直樹』第5話おさらい】再建プランをリークした犯人は? 半沢直樹(堺雅人)が「吐け―!」

2020/8/21 14:50

TBS日曜劇場『半沢直樹』第2シーズンの第5話が、8月16日に放送された(毎週日曜21時より放送)。破綻寸前の帝国航空の再建を任された半沢直樹(堺雅人)は、さっそく改革に着手しようとするが......。

サムネイル
『半沢直樹』第5話


『半沢直樹』第5話をおさらい>>

日本の空輸を担う大企業である帝国航空だが、近年の経営状況は芳しくない。半沢が社内を調査したところ、労働組合やOBの力が強く、それぞれの職務の連携が取れていない体制が明らかになるが、それでも社員たちは仕事に真摯(しんし)に取り組んでいた。「ここは腐っていない」と感じた半沢は、帝国航空が自力で再建するためのプランを立てる。しかし、社員のリストラ部分だけを強調した再建プランが流出。一体誰がリークしたのか?

社員の信用を取り戻すべく、半沢は犯人探しに奔走。東京中央銀行より出向してきた財務担当役員・永田宏(山西惇)が黒幕であることがわかり、永田が会社の金を悪用していたことを社員説明会で見事暴いたのだった。

サムネイル
『半沢直樹』第5話


毎週のように"パワーワード"が飛び出す『半沢直樹』だが、今回は半沢が永田にかけた「あなたからは腐った肉の臭いがする」というセリフが印象に残った視聴者が多かったことだろう。また、永田から不正に金を受け取っていた外部業者・丸岡商工の丸岡(粟根まこと)を半沢と"グレートキャプテン"木滝機長(鈴木壮麻)が車中で挟み撃ちにするシーンもインパクト抜群。「虫のいいこと言ってんじゃねーぞ!」「吐け―!」と怒る半沢が恐ろしい......。ちなみに丸岡商工のやる気のない女社員(階戸瑠李)が妙にツボにはまった視聴者もいたようだ。

なお、8月23日に放送される第6話では、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)と半沢の対立が激化。乃原から半沢の反抗的な態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)が、なんと大臣自ら銀行に乗り込む事態に発展する。黒崎駿一(片岡愛之助)も再登場し、半沢はますますピンチに追い込まれる。

サムネイル
『半沢直樹』第5話


『半沢直樹』第5話をおさらい>>

(文/原田美紗@HEW