一人暮らしなら絶対見ちゃダメ!? ホラー映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を無料配信中

2020/8/26 13:02

ホラー映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』(2016年公開)を、動画配信サービス『GYAO!』にて9月16日23時59分まで無料配信中。家や土地をめぐる"穢(けが)れ"を描いた作品で、とくに一人暮らしをしている人は注意して鑑賞したほうがいいかもしれない......。

サムネイル
映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』


奇妙な"音"の正体は? 『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を無料配信中>>

小説家である「私」(竹内結子)のもとに、読者から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙が届く。手紙の送り主である女子大生の久保さん(橋本愛)と「私」が調査を進めるうちに、そのマンションの過去の住人たちが引っ越し先で自殺や心中、殺人などの事件を引き起こしていたことが判明する。彼らはなぜ音がする部屋ではなく、別々の場所で不幸な末路をたどったのか? すべての事件をつなぐ"穢(けが)れ"の正体とは――?

原作小説を手がけたのは、『十二国記』シリーズや『悪霊』シリーズ、『屍鬼』などで知られる作家・小野不由美。第26回山本周五郎賞や「怪談オブザイヤー2012」第1位を獲得し、「そばに置いておくだけでも怖い」と評判になっているホラー小説だ。

引っ越しをするとき、事故物件かどうか気にする人は多いことだろう。インターネットで調べてみた結果、とくに事件などの情報は出てこず、胸をなでおろした経験のある人もいるかもしれない。しかし、数百年前までさかのぼる土地の因縁となると、よほどのことがない限りわからない。しかも穢(けが)れが"感染"していくとするならば......? 『残穢』が描くのは、そんな誰の家にも起こりうる怪異だ。

Twitter上では「一人暮らしのお祝いに『残穢』をプレゼントする」というジョークが広がっているが、たしかに一人暮らしをしているのであれば、恐怖度はさらにアップしそうだ。鑑賞はあくまで自己責任で......!

サムネイル
映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』ワンシーン


奇妙な"音"の正体は? 『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW