『MIU404』第10話のタイトルは「Not found」果たして第4機捜はなくなってしまうのか......?

2020/8/28 17:05

綾野剛と星野源がダブル主演を務めるTBS系ドラマ『MIU404』(毎週金曜22時~)。8月28日(金)放送の第10話予告では、第4機捜が存続の危機に陥っている。

サムネイル
『MIU404』第10話


微妙な違和感も演出? 謎の男・久住を演じる菅田将暉の関西弁>>

『MIU404』は、「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」という架空の機関を舞台にしたオリジナルドラマ。脚本家・野木亜紀子を始めとした大ヒットドラマ『アンナチュラル』(同系)のスタッフが再集結し、さらに同ドラマでも主題歌を歌唱したシンガーソングライター・米津玄師が主題歌『感電』を担当している。

■第10話あらすじ
伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。誰が何の目的で彼を殺したのか?  1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが......。

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。

サムネイル
『MIU404』第10話


サムネイル
『MIU404』第10話


微妙な違和感も演出? 謎の男・久住を演じる菅田将暉の関西弁>>

(文/トレンドニュース編集部)