【※動画あり】ロードオブメジャー解散の真相は? 元ボーカルがヒット曲『大切なもの』を歌唱

2020/9/ 4 17:44

2007年に解散したロックバンド・ロードオブメジャーの元ボーカル・けんいち(元・北川賢一)が、バンド解散の裏側を明かした。さらに90万枚を売り上げた大ヒット曲『大切なもの』を久々にテレビで歌唱した。

サムネイル
元ロードオブメジャー ボーカル・けんいち


え? そこ!?『大切なもの』熱唱後に次長課長・河本からのまさかのツッコミ>>

けんいちが、9月3日に放送されたテレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』にゲスト出演した。100日間かけて全国50カ所をめぐる過酷なライブを開催していたロードオブメジャーだが、けんいちは当時のギャラについて、「1日500円」「(食事代も)出してくれない」と告白。ただ、ライブで得たギャラはそのまま受け取ることができたと補足した。

もともとロードオブメジャーは、全国のバンドからヘッドハンティングしてメンバーを集めたグループだった。わずか5年で解散した理由について、けんいちは「やっぱり寄せ集めというのは難しかったのかなと思いますね」と振り返った。タレント・熊切あさ美の「あまり仲が良くなれなかった?」という質問に対して、けんいちは「いや、なんか話し合いとかをあまりしなかったんですよ」と返答。「話し合いをしなかったのが大きい。(解散危機を)乗り越えられなかった」と語った。

また、けんいちは、90万枚を売り上げたロードオブメジャーのヒット曲「大切なもの」を歌唱した。久々の歌声に共演者たちも心を動かされたようで、「感動! なんかジーンときますね!」「やっぱ声がいい!」と称賛していた。

え? そこ!?『大切なもの』熱唱後に次長課長・河本からのまさかのツッコミ>>

(文/藤原利絵@HEW