『MIU404』、特派員RECの元ネタ? 映画『ナイトクローラー』を無料配信中

2020/9/ 7 16:43

動画配信サービス『GYAO!』にて、映画『ナイトクローラー』(2015年日本公開)が無料配信中。9月4日に最終回を迎えたTBS系ドラマ『MIU404』の登場人物である"特派員REC(渡邊圭祐)"の自宅にポスターが飾ってあることでも注目されている作品だ。

サムネイル
MIU404 特派員RECの元ネタ?映画『ナイトクローラー』


特派員RECはこの作品をどう観た? 映画『ナイトクローラー』を無料配信中>>

RECの自宅に『ナイトクローラー』のポスターが! 『MIU404』最終話を無料配信中>>

『MIU404』は、「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」という架空の機関を舞台にしたオリジナルドラマ。特派員RECは、動画投稿サイト「NOW TUBE」にて、「ナイトクローラーチャンネル」を配信しているナウチューバーだ。事件を独自調査した動画などを投稿し、ときに捜査を妨害する、第4機捜にとっては少々困った存在と言えよう。特派員RECの自宅には映画『ナイトクローラー』のポスターが飾られており、彼が同映画をかなり意識しているのは間違いないようだ。

では、『ナイトクローラー』とは、どのような作品なのか? こちらは、全米興行収入ナンバーワンを獲得し、アカデミー賞脚本賞にもノミネートされた名作。事件や事故報道のスクープを専門にしている映像パパラッチ、通称〈ナイトクローラー〉となったルー(ジェイク・ギレンホール)を主人公とした物語だ。

同映画は、視聴率至上主義のテレビ業界の裏側と、それを非難しながらも追い求める現代社会の闇に迫る。刺激的な映像を求めてルーは行動をエスカレートさせていき、ついに究極の一線を超えてしまう......。

はたしてRECは、『ナイトクローラー』という物語をどのように受け止めていたのか? "特派員"として活動する自身への戒めか、それともパパラッチを始めるまでは何も持たなかったルーの姿に自身を重ねていたのか――? 『MIU404』本編において、RECというキャラクターのバックグラウンドはそれほど語られていない。だからこそ、『ナイトクローラー』を鑑賞すれば、また新たな発見がありそうだ。

『ナイトクローラー』は、『GYAO!』にて9月15日23時59分まで無料配信中。

特派員RECはこの作品をどう観た? 映画『ナイトクローラー』を無料配信中>>

RECの自宅に『ナイトクローラー』のポスターが! 『MIU404』最終話を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW