今夜放送! 山田涼介&田中圭が異母兄弟で凸凹バディを演じる『キワドい2人-K2-』

2020/9/11 10:45

9月11日(金)より山田涼介、田中圭出演の『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)が放送される。

サムネイル
『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』第1話


共演者が語る山田涼介の撮影現場でのトップアイドル感>>

原作は、第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」。人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一が、超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司とタッグを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快刑事ドラマだ。

主人公、人情派の生真面目な刑事・神崎隆一を演じるのは山田涼介。今回演じる神崎隆一は、正しい道こそが正義の道と信じるキャリア刑事。警察官だった父に憧れ、父親譲りの強い正義感から自らも刑事となった。しかし、正義感が強すぎるあまりに困っている人を放っておけず、時にお節介が過ぎてしまうことも......。人間の悪い部分よりも良い部分を信じたいという「人を信じる」強さが、事件捜査の難局を乗り越える武器になっていく。

そして、ルール無用、事件解決のためなら手段を選ばない、直感派の破天荒刑事・黒木賢司を演じるのは田中圭。黒木賢司は、直観力と洞察力がピカイチで、検挙率No.1。「人を疑う」強さを武器に事件を読み解くキレ者刑事だ。どんなことよりも"人命第一・事件解決"を判断基準とするため、時に既存のルールを破った破天荒な捜査方針をとり、神崎をキワドい捜査に巻き込むことも。普段は飄々(ひょうひょう)としているように見えるが、誰かを守るためなら自らを犠牲にすることも厭(いと)わない型破りな正義漢だ。

そんな凸凹バディの2人には、周囲に知られてはいけないある秘密が......。なんと2人は幼少期から全く別の人生を歩んでいた異母兄弟だったのだ! 性格も価値観も、さらには捜査方針も正反対な2人。時にぶつかりながらも池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す神崎と黒木は、難事件の解決を通して、強固な絆を築いていけるのか!? 緊張感のある犯罪捜査現場で交わされる、兄弟だからこその丁々発止な掛け合いにも注目だ!

サムネイル
『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』第1話


■山田涼介コメント
田中圭さんとは今回が初共演ですが、役を演じているときとバラエティに出演されている時のギャップがすごくある方だなという印象です。今はまだ「田中さん」「山田さん」で呼び合っているので、そこを徐々に崩して、かわいがってもらえるように懐に入っていけたらいいなと思っています。最終的には「圭ちゃん」と呼べるくらい、関係を深めていけたらいいですね。

■田中圭コメント
黒木賢司は破天荒で、一見まともな捜査をしているようには見えないけど、池袋署内で検挙率No.1のエース刑事という、ちょっとプレッシャーを感じる役です。山田くんとの共演は初めてですが、以前からすごくステキなお芝居をする俳優さんだなという印象だったので、今回の撮影を通して、いい意味でお互いに刺激を与え合いながら、2人の関係値も上がっていけばうれしいです。

■第1話あらすじ
池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。

黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。

さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り......。

サムネイル
『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』第1話


共演者が語る山田涼介の撮影現場でのトップアイドル感>>

(文/トレンドニュース編集部)