玉木宏vs.高橋一生! 傷だらけのイケメンにファン「性癖にご褒美すぎる」/『竜の道』最終話

2020/9/16 16:43

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』最終話で、玉木宏と高橋一生が血まみれになるまで殴られるシーンが放送された。ボロボロの姿でもどこか色気を感じさせるふたりに、ファンがときめいている。

サムネイル
『竜の道 二つの顔の復讐者』最終話


『竜の道』最終話・前編/血まみれの高橋一生に玉木宏が銃口を向け......!? >>

『竜の道』最終話・後編/玉木宏&高橋一生、復讐劇のラストが切ない>>

同ドラマは、主演・玉木宏が高橋一生と初共演にして双子役を務める本格サスペンス。整形で別人に生まれ変わった兄・竜一(玉木宏)とエリート官僚の弟・竜二(高橋一生)の双子が、両親を死に追いやった霧島源平(遠藤憲一)に報復するストーリーだ。

9月15日に放送された最終話で、竜一は源平を追い詰める手段を失っただけでなく、ライターの沖和紀(落合モトキ)に自身の秘密を突き止められてしまった。そして、竜二たちを守るため、竜一は沖を手にかけた――。

その事実に竜二は激怒したが、竜一はもう後戻りできない。彼の暴走を止めようとする竜二は、竜一に殴り蹴られ、しまいには「邪魔するならおまえも殺す」と銃口を向けられ......!? 一方で、竜一もヤクザ組織の会長・曽根村(西郷輝彦)からケジメとして激しい暴行を受けてしまう。

玉木宏と高橋一生の傷だらけでボロボロになった姿がどこか色気を感じさせるようで、ファンが歓喜している。Twitter上では「ボコボコなのに色気凄い...」「イケメンはボコボコにされてもやっぱりイケメン...」「性癖に御褒美すぎる」「一生さんに続き、玉木さんもボコられ顔に...でもいい男」と盛り上がっているようだ。

『竜の道』最終話・前編/血まみれの高橋一生に玉木宏が銃口を向け......!? >>

『竜の道』最終話・後編/玉木宏&高橋一生、復讐劇のラストが切ない>>

(文/藤原利絵@HEW