"清貧女子"松岡茉優vs."浪費男子"三浦春馬! ふたりの会話がまるでコント/『おカネの切れ目が恋のはじまり』

2020/9/17 13:06

TBS系ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜22時~)が、9月15日より放送スタートした。正反対な金銭感覚を持つキャラクターを演じる松岡茉優と三浦春馬(今年7月に逝去)のコミカルなかけあいが好評を博している。

サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話


"清貧女子"松岡茉優&"浪費男子"三浦春馬のコミカルなかけあいが面白い!>>

同ドラマは、中堅おもちゃメーカーの経理部に勤める"清貧女子"九鬼玲子(松岡茉優)と、会社の御曹司である"浪費男子"猿渡慶太(三浦春馬)、相いれない(!?)ふたりが繰り広げる"じれキュン"ラブコメディだ。

慶太の父・猿渡富彦(草刈正雄)は、息子の浪費癖を見かねて、彼の経理部への異動を命じた。指導係になった玲子は、慶太との価値観の違いに驚くばかり。1680円の豆皿を購入するのに1年も悩む玲子にとって、買い物やカジノでわずか1ヵ月に776万円も浪費する慶太は、理解できない存在だ。

どうやら慶太の浪費癖は母親である菜々子(キムラ緑子)ゆずりのようだ。息子が心配な菜々子は、経理部に菓子折りを送るのだが、箱の底にはなんと札束がギッシリ! 玲子の「越後屋か!」というツッコミに思わず笑った視聴者は多かったようで、Twitter上でも「コントみたい」「テンポも良くて何度も笑いました」「玲子のツッコミ的確すぎwww」といった声が寄せられた。

しかし、価値観にズレがあるからこそ、玲子と慶太のかけあいは笑いを誘う。ふたりは、ひょんなことから一緒の家に住むことになり、今後さらに玲子は慶太に振り回されるのかも!?

なお、9月22日に放送される第2話では、慶太が玲子と営業部の純(北村匠海)、さらに玲子の想い人・早乙女(三浦翔平)も巻き込んでテニスコンペを開催する。しかし、そこで慶太のおせっかいが玲子の怒りを買ってしまう。

サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話


サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話


"清貧女子"松岡茉優&"浪費男子"三浦春馬のコミカルなかけあいが面白い!>>

(文/藤原利絵@HEW