木村拓哉がARスポーツ「HADO」に挑戦 武井壮と一緒に公認チームと対戦した結果......

2020/9/23 11:31

木村拓哉のウェブ番組『木村さ~~ん!』第112回では、木村がテクノスポーツ「HADO」で対人戦に挑んだ。木村が「負けず嫌いの人には、このゲームあまりオススメしないかな」とコメントした理由とは?

サムネイル
木村拓哉の初めてのWEB番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)


木村拓哉もヒートアップ! 新時代のスポーツ「HADO」とは?>>

「HADO」とは、ウェアラブルデバイスとARを駆使した新時代の競技だ。プレイヤーたちは、エナジーボールとシールドを使って、お互いのライフを奪い合う。前回は「HADO」の基本動作を学んだが、今回は「HADO」公認チームである女子3人組、C.レイエルと対戦することになった。

サムネイル
『木村さ~~ん!』第112回 K.O連発!?木村拓哉、"汗だく"で「HADO」対決!


初心者ということで、なかなか苦戦気味の木村......。タレントの武井壮とチームを組んだ初戦は、13対0という惨敗に終わった。しかし、このままでは終われない。「HADO」を展開する株式会社meleapの福田浩士CEOもチームに加え、C.レイエルと再戦した。戦略を練り直し、リベンジを果たすことはできるのか――!?

どうやらかなり白熱したようで、木村は「負けず嫌いの人には、このゲームあまりオススメしないかな。負けず嫌いがやったら危ない」と茶目っ気たっぷりに「HADO」の感想を述べた。武井壮も「今日、泊まり込みでいきますわ」とコメントして笑いを誘った。あまりの悔しさにラストマッチも行われたが、最終的には敵チームも味方チームも和気あいあいとした雰囲気に。なぜか最後はみんなでダンスのステップを踏んだのだった。

木村拓哉もヒートアップ! 新時代のスポーツ「HADO」とは?>>

(文/原田美紗@HEW