福士蒼汰vs. 野村周平の"高速アクション"が熱い! 『DIVER-特殊潜入班-』第2話は元NGT48・山口真帆もゲスト出演

2020/9/30 14:53

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21時~)第2話で、福士蒼汰と野村周平のアクションシーンが放送された。目にも留まらぬ「高速」の戦いが、視聴者を驚かせている。

サムネイル
『DIVER-特殊潜入班-』第2話 最凶バディが誕生!連続不審死事件の謎


福士蒼汰vs. 野村周平! 狭いトイレ内での目にも留まらぬ"高速アクション"が大迫力>>

同ドラマは、『グランドジャンプ』(集英社)で連載された大沢俊太郎による人気コミックが原作。兵庫県警に秘密裏に設けられた潜入捜査官チーム・通称"D班"に所属する主人公・黒沢兵悟(福士蒼汰)の活躍が描かれている。

9月29日に放送された第2話で、黒沢は女子大生の連続自殺事件の謎を探るべく、被害者たちが通っていた大学に潜入した。学生に扮(ふん)した黒沢は、被害者全員が所属していたサークルの会合に参加。一方で、謎の男(野村周平)が黒沢の動向を探っていた――。

謎の男の正体とは、D班の新メンバー・佐根村将だった。身勝手な行動が多い黒沢の監視役として、班長の伊達(安藤政信)に送り込まれたのだ。しかし、その経緯を知らない黒沢は、「てめぇ何者だよ!」と佐根村に殴りかかった。佐根村も応戦し、ふたりは殴る蹴るの激しい戦闘を繰り広げた。目にも留まらぬアクションシーンに対して、Twitter上では「福士蒼汰くんのアクションカッコ良かったぁー」「福士蒼汰と野村周平のアクション胸熱!!」「アクションシーン、めちゃくちゃ高速だったな」と盛り上がっている。

また、第2話には元NGT48の山口真帆がゲスト出演した。山口演じる女子大生は、事件の被害者が所属していたサークルに黒沢を巧みに誘い込んでおり、どうやら何か裏の顔がある様子......? ファンは「かわいい、女子大生がよく似合う」「まほほん、小悪魔炸裂だったじゃんか!」「あれだけの美女だったら喜んで騙されたい」と山口の演技を称賛している。

福士蒼汰vs. 野村周平! 狭いトイレ内での目にも留まらぬ"高速アクション"が大迫力>>

(文/藤原利絵@HEW