三浦春馬が松岡茉優に不意打ちキス! "キョトン顔"が反則レベルのかわいさ/『おカネの切れ目が恋のはじまり』第3話

2020/10/ 1 15:49

TBS系ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜22時~)第3話で、三浦春馬(今年7月に逝去)と松岡茉優のキスシーンが放送された。不意打ちのキスと、その後のふたりの表情が、ファンをときめかせたようだ。

サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第3話


キスの概念を変えた!? 三浦春馬が松岡茉優に不意打ちで......>>

同ドラマは、中堅おもちゃメーカーの経理部に勤める"清貧女子"九鬼玲子(松岡茉優)と、会社の御曹司である"浪費男子"猿渡慶太(三浦春馬)の相いれない(!?)ふたりが繰り広げる"じれキュン"ラブコメディ。9月29日に放送された第3話で、玲子は15年も思い続けた初恋相手・早乙女健(三浦翔平)に告白するも振られてしまった。

失恋のショックで号泣する玲子を慶太は「よしよし......」と慰めた。その瞬間、大きな雷の音が鳴り響き、驚いた拍子にふたりの距離が急接近。至近距離で見つめ合った後、慶太は玲子にキスをした。突然の出来事に、キスされた玲子だけでなく、キスした慶太も「え?」「ん?」とキョトンとしていた。

不意打ちキスや、その後のふたりの表情に、視聴者は大興奮。Twitter上では「何今の!!!!!!令和でキスの概念を変えた!!!!」「あのキョトン可愛いキスシーン最高過ぎて。。3万年生きていけそう」「2020年度優しくて可愛くて最もキュンとなったKiss大賞」「あんなん可愛いの反則や!」といった声が続出している。

なお、『おカネの切れ目が恋のはじまり』は、10月6日の放送で最終回を迎える。玲子は慶太に突然キスされてから眠れない夜を過ごし、一方の慶太も動揺を隠しきれないでいた。そんな中、早乙女が玲子の家を訪ねてくる。はたして、複雑な恋はどんな結末を迎えるのか?

サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第3話


サムネイル
『おカネの切れ目が恋のはじまり』第3話


キスの概念を変えた!? 三浦春馬が松岡茉優に不意打ちで......>>

(文/藤原利絵@HEW