岩佐真悠子さんが初フルヌード&初ベッドシーンに挑戦! 映画『受難』を無料配信中

2020/10/ 2 18:00

映画『受難』(2013年公開)を、動画配信サービス『GYAO!』にて10月29日23時59分まで無料配信中。10月1日に芸能界引退を発表した岩佐真悠子さんが、フルヌードとベッドシーンに初挑戦した作品だ。

サムネイル
映画『受難』


岩佐真悠子さんの美しいラブシーン......"性"を描いた映画『受難』を無料配信中>>

天涯孤独で修道院育ちのフランチェス子(岩佐真悠子)の性器に、ある日、人面瘡が現れた。「おまえはダメな女だ!」と罵倒してくる人面瘡をフランチェス子は"古賀さん"と名付け、彼と共同生活を送る決心を固める――。映画『受難』は、直木賞作家・姫野カオルコの同名小説を原作に、過激かつコミカルに"性"を描いている。

主演を務めた岩佐真悠子さんは、本作で初のフルヌードを披露し、ベッドシーンにも初挑戦。ベッドシーンはもちろん、全裸で路上を疾走する体当たり演技も要チェックだ。また、陰部を手鏡でのぞくシーンには、古賀さんとのやり取りも含めてクスッと笑わされるはず。

衝撃的なシーンは多いものの、本作で描かれるのは、"性"という普遍的なテーマだ。「どうして男女は付き合うのか」「セックスをするのか」と毎日悩んでいたフランチェス子は、古賀さんとの共同生活を経て、男女の交わりに喜びと感動を見いだしていく。映画のラストシーンでは、古賀さんの"本当の姿"も明らかになり、フランチェス子と古賀さんが迎える結末に感動するだろう。

岩佐真悠子さんの美しいラブシーン......"性"を描いた映画『受難』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW