玉木宏、"元極道"のバキバキ肉体美がたまらん......ドラマ『極主夫道』はギャップ萌え満載!

2020/10/12 18:50

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『極主夫道』(毎週日曜22時30分~)が10月11日より放送スタート。元極道の主人公を演じる玉木宏が、入れ墨の入ったたくましい肉体美を披露した。

サムネイル
『極主夫道』第1話


ギャップ萌え必至!"元極道"玉木宏のパフェを食べるシーン>>

同ドラマは、ウェブ漫画サイト『くらげバンチ』(新潮社)で連載中のおおのこうすけによる大人気コミックが原作。極道から足を洗い、専業主夫の道を選んだ龍(玉木宏)が繰り広げる任侠コメディだ。

極道から足を洗った龍だが、強面な見た目や言動ゆえに、なかなか一般人には見えない......。鍛えられた肉体には背中一面だけでなく胸元にまで入れ墨が施されており、目元の傷はもちろん、サングラスや黒シャツ姿なども完全にヤクザそのもの。しかし、強面な見た目に反し、劇中ではかわいいお弁当を作ってInstagramに投稿したり、喫茶店でパフェを食べたり、主婦仲間と和気あいあいと料理したり、主夫らしい平和な生活を過ごしている。

Twitter上では「玉木宏の肉体美に入れ墨......良い......」「極道の服装等々も似合いすぎて眼福であるな......」「ビジュアルよすぎん? 関西弁も最高」と、玉木が演じる強面キャラを称賛する声が続出。また、強面だがかわいらしさが垣間見える演技にも「極道がパフェを食べるというギャップかわいすぎる」「超かわいいキャラ弁作ってんのおもろすぎやろ」「玉木宏さんのエプロン姿かわいい」といった声が寄せられている。

ギャップ萌え必至!"元極道"玉木宏のパフェを食べるシーン>>

(文/藤原利絵@HEW