異臭ただよう"究極のゴミ部屋"の住人は、美人お嬢様! 彼女の意外な職業とは......

2020/10/13 11:29

テレビ朝日系バラエティ『ノブナカなんなん?』で、"究極のゴミ部屋"に住む女性に密着。都心の高級マンションではあるが、室内の荒れようをお笑いコンビ・千鳥のノブは「殺人現場」と評した。

サムネイル
『ノブナカなんなん?』ゴミ部屋に住む女ってなんなん?


清楚系お嬢様がピンクのコスチュームで対戦に挑む!>>

10月10日から放送スタートした『ノブナカなんなん?』は、千鳥・ノブとテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーによる初冠番組。初回放送では、「ゴミ部屋に住む女って、なんなん?」をテーマに、"究極のゴミ部屋"に住むという女性・はるかさんに密着した。

本人の清楚(せいそ)な見た目と裏腹に、はるかさんが住む2SLDKの部屋はどこも物であふれ、足の踏み場がないほど散らかっていた。18畳もあるリビングには、放置したデリバリーフードから異臭がただよっており、あまりの汚さにノブは思わず「殺人現場」とツッコミを入れた。その後も、なぜか箸や牛乳パックが放置されたバスルームなど衝撃映像が続き、弘中アナも「絶対いや」「なんでこうなるの?」と顔をしかめた。

また、クセが強い彼女の母親が登場したほか、はるかさんの「覆面レスラー」という意外な職業も明かされた。さらに番組終盤には、1勝もしたことがない激ヨワ・レスラーであるはるかさんが、かなり強そうな相手と対決する様子にも密着している。はたして初勝利となるか? 勝負の行方にも注目だ。

清楚系お嬢様がピンクのコスチュームで対戦に挑む!>>

(文/藤原利絵@HEW