『極主夫道』第2話に『鬼滅の刃』声優・日野聡が出演 「炎の柱」「乱れる刃」......小ネタにファン歓喜

2020/10/19 18:30

声優の日野聡が、読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『極主夫道』第2話のナレーションを担当した。日野も出演する大ヒットアニメ『鬼滅の刃』を彷彿(ほうふつ)させるセリフがあったことに気づいただろうか?

サムネイル
『極主夫道』第2話


『鬼滅の刃』ファンなら必聴!? 声優・日野聡のナレーション>>

同ドラマは、ウェブ漫画サイト『くらげバンチ』(新潮社)で連載中のおおのこうすけによる大人気コミックが原作。極道から足を洗い、専業主夫の道を選んだ龍(玉木宏)が繰り広げる任侠コメディだ。

10月18日に放送された第2話では、龍も所属する火竜町婦人会と、隣町の水竜町婦人会の間でトラブルが発生した。対立する両婦人会は、決着をつけるべく、「喧嘩(けんか)祭り」という名の勝負をすることになった――。

日野といえば、アニメ『鬼滅の刃』で煉獄杏寿郎役を務める人気声優だ。ナレーションの中には、「炎の柱」「心を燃やし、命懸けの戦いを繰り広げていた」といった煉獄を彷彿させるセリフもあった。他にも「乱れる刃」という文字が映し出される演出など、「喧嘩(けんか)祭り」のシーンは、『鬼滅の刃』ネタが満載だった。

Twitter上では「乱れる刃ってもしかして、鬼滅の刃意識してないよね?(笑)」「この時期に日野聡が『炎の柱』って言っちゃったら完全に煉獄さんやんw」「鬼滅映画記念で今日のナレは煉獄さんなのね」「煉獄さんボイスで心を燃やせとか泣ける」といった声で盛り上がっている。

『鬼滅の刃』ファンなら必聴!? 声優・日野聡のナレーション>>

(文/藤原利絵@HEW