"悪ディーン・フジオカ"の危ない魅力にドキッ!『危険なビーナス』第2話で妻夫木聡とだまし合い

2020/10/19 19:06

TBS日曜劇場『危険なビーナス』第2話で、ディーン・フジオカと妻夫木聡が壮絶な心理戦を繰り広げた。ディーンの"悪い顔"演技に、ファンがときめいているようだ。

サムネイル
『危険なビーナス』第2話


ディーン・フジオカが妻夫木聡にナイフで襲い掛かり......!?>>

同ドラマは、ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説が原作。主人公・手島伯朗(妻夫木聡)が、弟の失踪事件をきっかけに、謎の美女・矢神楓(吉高由里子)とともに遺産をめぐる名家の争いに巻き込まれていくラブサスペンスだ。

10月18日に放送された第2話で、名家「矢神家」の屋敷に暮らす牧雄(池内万作)が、エスカレーターから突き落とされる事件が発生した。牧雄が誰かに襲われたと考えた楓は、矢神家の人間たちを疑った。一方で伯朗は、楓の冷静さに違和感を覚えていた。

ディーン・フジオカが演じるのは、矢神家の養子で、若手実業家の矢神勇磨役。連れ子として矢神家にやってきた伯朗を見下し、何かと挑発してくる嫌みな男だ。勇磨は、楓を疑う伯朗を利用し、彼女のスマートフォンを盗むように指示した。険悪な関係だった2人が協力関係を結んだかと思えば、勇磨が伯朗を裏切って、今度は楓と協力するような展開もあり、互いの思考を読み合う駆け引きが行われた。

第1話から嫌みたっぷりなセリフが多かったディーンだが、第2話でも平気で人をだましたり、妻夫木にナイフで襲い掛かったりと悪役を好演。Twitter上では「悪ディーン最高」「勇磨の威圧感が......最高でした」「妻夫木聡の首にナイフを突きつけるまでの一連の流れが大変美しいディーン様」「ディーン様、ムカつく嫌なやつなのに、カッコいい」といった声が寄せられている。

なお、10月25日に放送される第3話では、楓が何者かに階段から突き落とされ、救急搬送されてしまう。大事には至らなかった楓は、自分を襲った相手を探すが、彼女の帰宅を勇磨が待ち伏せていていた――。

サムネイル
『危険なビーナス』第2話


サムネイル
『危険なビーナス』第2話


ディーン・フジオカが妻夫木聡にナイフで襲い掛かり......!?>>

(文/藤原利絵@HEW