今や出会いの基本"マッチングアプリの世界"&日本各地に広がる絶景"コスモスの世界"『マツコの知らない世界』

2020/10/20 16:10

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。10月20日(火)放送の内容は「マッチングアプリビジネスの世界」と「コスモスの世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』マッチングアプリビジネスの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■マッチングアプリビジネスの世界/おとうふ(30種類のマッチングアプリを使い300人と出会った女性)
30種類のマッチングアプリを使い300人と出会った女性・おとうふさんがその体験談を紹介。そもそもおとうふさんがマッチングアプリに興味をもったのは、友人がマッチングアプリで出会った人と結婚したからだそうだ。以来、モテる人のプロフィール文や掲載写真の研究を始め、人気アプリで2000以上の「いいね」をもらい、人生初の1位も獲得。今では、仕事としてプロフィール文の添削や監修をしているという。

マッチングアプリの基本から、「いいね」をもらうテクニック、写真の重要性などが紹介され、マツコの知らない「マッチングアプリビジネスの世界」を学ぶことができる。さらに、恋愛以外でもつながれる、趣味の仲間と出会えるマッチングアプリなど、知って得する情報も紹介されている。

サムネイル
『マツコの知らない世界』コスモスの世界


■コスモスの世界/奥隆善(コスモスに人生を賭け25万本と共に生きるコスモス博士)
秋に咲き誇る「コスモスの世界」を語るのは、コスモスに人生を賭け25万本と共に生きるコスモス博士の奥隆善さん。コスモスはメキシコ原産の花で、幕末に日本に上陸。大正時代に日本人好みに品種改良され、和名は「秋桜」と書くほどなじみが深い花となった。

奥さんがコスモスに魅かれたのは大学生の頃、花屋の手伝いで仕入れたチョコレートコスモスという品種に魅せられ、在学中にチョコレートコスモスの新品種開発にも成功。多くの評価を受け、今では赤字覚悟で栽培と出荷を続けているという人物だ。

"守ってあげたいけなげさが魅力"だという奥さんは、コスモスの基礎知識と育て方、お気に入りの品種だけでなく、コスモスが咲き誇る日本各地の絶景ポイントなどを紹介している。さらに奥さんが衝撃が走ったという奇跡の品種もスタジオに登場。道端に何気なく咲くコスモスの印象が変わる内容となっている。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)