歌あり、アクションありの"横浜流星祭り"! 映画『きみの瞳が問いかけている』公開を記念して過去作を無料配信中

2020/10/21 10:35

横浜流星が吉高由里子とダブル主演を務める映画『きみの瞳が問いかけている』が、10月23日から公開される。動画配信サービス『GYAO!』では、横浜流星の過去作を無料配信中だ。

サムネイル
横浜流星


横浜が『きみの瞳が問いかけている』で演じるのは、罪を犯したためにキックボクサーとしての将来を絶たれた青年・塁役。横浜は本作のために10キロ増量して肉体改造し、アクションシーンにも挑戦した。空手の世界大会で優勝した経験もある横浜の、華麗なキックボクシング姿に注目したい。

同映画の公開を記念し、『GYAO!』では横浜の出演映画やドラマを無料配信中だ。

■映画『シュウカツ[就職活動]』(2016年公開)
就活生・カシワバラタツヤ(横浜流星)は、とある企業の面接会場で面接官から「試験合格」を伝えられる。面接官は、タツヤが内定辞退しないように脅迫し、違法な誓約書へのサインを強要するが――?

いわゆる「圧迫面接」に手こずる就活生たちをオムニバス形式で描く本作。横浜は第2話「拡散」で主演を務めており、リクルートスーツを着たフレッシュな姿が楽しめる。高圧的な面接官に対して、毅然(きぜん)と反論する横浜は見ていて応援したくなるかも? 第2話のタイトルが回収されるラストシーンまで見逃せない。

映画『シュウカツ[就職活動]』を無料配信中>>

■映画『キセキ -あの日のソビト-』(2017年公開)
兄・ジン(松坂桃李)は、音楽の夢を諦めたが、弟・ヒデ(菅田将暉)と仲間たちの才能に気づく。厳格な父にバレないよう、ジンは、ヒデとナビ(横浜流星)、クニ(成田凌)、ソウ(杉野遥亮)が結成したグループを「顔出しなしでCDデビュー」させようと奮闘する。

人気ボーカルグループ「GReeeeN」の知られざる実話をもとにした『キセキ -あの日のソビト-』。横浜が演じたナビは、 GReeeeN のメンバーのひとりで、ピアノが得意な歯医者の息子という役柄だ。横浜も劇中のライブシーンで歌声を披露しており、撮影前から積み重ねたというボイストレーニングの成果を存分に発揮している。

映画『キセキ -あの日のソビト-』を配信中>>

■ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系、2020年1月期放送)
悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度(そんたく)......世の中は、警察やマスコミが触れないグレーなことだらけ。そんな事件を、驚異的な身体能力を持つ謎の女"ミスパンダ(清野菜名)"と、彼女を操る男"飼育員さん(横浜流星)"が容赦なく暴いていく!

横浜が演じたのは、大学生の森島直輝役。"飼育員さん"として、グレーな事件にシロクロつける場面では、清野菜名演じる"ミスパンダ"とともにアクションを披露している。放送当時、「キレが良すぎる!」と視聴者から絶賛されたふたりのバトルシーンは必見だ。

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を無料配信中>>

■歌にアクション......横浜流星は全てが完璧
横浜の人気の理由は、整ったルックスだけではなく、歌にアクションと何でもこなせるポテンシャルの高さもあってのことだろう。最新作『きみの瞳が問いかけている』のアクションシーンで、さらにファンを夢中にさせること間違いなし!

なお、『GYAO!』では、映画『シュウカツ[就職活動]』を10月26日23時59分まで、『キセキ -あの日のソビト-』を11月1日23時59分まで無料配信中。また、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、各話を順次無料配信中で、毎週木曜11時25分に新たなエピソードが更新される。

(文/藤原利絵@HEW