地球と家庭を救う"味噌汁の世界"&マニアが語る不思議ワールド"路線図の世界"『マツコの知らない世界』

2020/10/27 17:38

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。10月27日(火)放送の内容は「味噌汁の世界」と「路線図の世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』味噌汁の世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■味噌汁の世界/たけうち和久(厚生労働省の官僚からミソシラーになった男)
今回「味噌汁の世界」を語るたけうち和久さんが味噌汁にハマったきっかけは"家庭"。東京大学法学部を卒業して当時の厚生労働省へ。その後、厚生労働省を退省後に一流企業へ転職したが、昨年独立してコンサルティング会社を設立。出世街道を絵にかいたようなたけうちさんだが、その傍らで妻から「おまえも家事やれよ」という視線を感じるようになり、4年前から家庭のために味噌汁を作りだした。

一期一会で同じものは2度と作らないこだわりで、2年前からミソシラー武内としてSNSで投稿を始め、既に300種類以上をアップ。それ以外も含めると既に1000種類以上の味噌汁を作ってきたという。

コンサルタント業人生をかけて自ら作ったプレゼン資料を基に、妻と娘が選んだ、たけうちさんが作った味噌汁ベスト3や、味噌汁が"地球"を救うという壮大なテーマの持論を披露。また1杯の味噌汁をさらに楽しむための2つのステップをマツコが味わっている。普段は何気なく飲んでいる味噌汁の、無限に広がる可能性をたっぷりと楽しむことができる。

サムネイル
『マツコの知らない世界』路線図の世界


■路線図の世界/井上マサキ・西村まさゆき(国内外2000枚の路線図を集めた2人)
以前「乗り換えBIG 4」という鉄道ファンの中から"乗り換え"をテーマに放送されたが、今回は"路線図"がテーマ。国内外2000枚の路線図を集めた井上マサキさんと西村まさゆきさんの2人がその魅力を伝えている。

井上さんは宮城県石巻市、西村さんは鳥取県倉吉市の出身。2人とも都会の複雑に交じり合った路線図に衝撃を受け、西村さんは鉄道会社が発行するオリジナル路線図を、そして井上さんは企業が作ったインディーズ路線図に興味を持って収集に励んでいるという。

高輪ゲートウェイ駅の開業から、虎ノ門ヒルズ駅開業までの3カ月しか出まわらなかった路線図や、地方の珍しい路線図など、それぞれのお気に入りを披露している。さらに観光客用に作られた路線図や、西村さんが考えた料理のレシピを路線図にした変わり種も登場。路線図でどこまで楽しめるのか?マニアだから知っている路線図の不思議ワールドを堪能することができる。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)