ハロウィーンでノリが良すぎる英国気象庁の天気予報

2020/10/28 15:19

イギリス気象庁が、2017年のハロウィーンに放送した驚きの天気予報。自分の首を抱えた気象予報士が「血の雨が......」と、おどろおどろしいセリフで天気を解説。もちろん、これは特殊効果によるもの。「胴体役」と「頭部役」の2人が、クロマキー合成で「首のない気象予報士」を演じているのだ。しかしハロウィーンといえども、気象庁がこんなにノリノリな放送するなんて、さすがユーモアの国・イギリスだ。

サムネイル
ノリが良すぎる英国気象庁の天気予報


あれ?顔の位置がおかしいぞ......>>

(文/トレンドニュース編集部)