浅川梨奈がラブホで乱れ......親友の男を奪う"裏切りのキス"が怖い/『僕らは恋がヘタすぎる』第2話

2020/11/ 4 17:52

ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』(テレビ神奈川・ABCテレビ)第2話で、「1000年に一度の童顔巨乳」としてグラビアでも活躍する女優・浅川梨奈の悪女演技がさく裂! 親友の男を奪うべく、時にラブホで乱れ、時に親友の心を傷つけた。

サムネイル
『僕らは恋がヘタすぎる』第2話 裏切りのキス!悪女、親友をハメる...!


浅川梨奈が塩野瑛久とラブホテルで乱れ......親友を陥れる悪女ぶりに恐怖>>

同ドラマは、1200万ダウンロードを突破した、橘えいこによる同名電子コミックが原作。主人公・藤原花(川島海荷)と親友の片山みずき(浅川梨奈)が、旅先で成田洋介(白洲迅)と一之瀬歩(塩野瑛久)に出会ったことから始まるラブストーリーだ。性格が異なる男女の友情や嫉妬、裏切り、いさかいなどが描かれている。

もともと花は、成田を思うみずきの恋を応援するはずだった。しかし、11月3日(ABCテレビでは11月1日)に放送された第2話で、花は「親友だからわかってくれるはず」と決心し、自分も成田に恋していることを明かした。みずきは口では「むしろ応援するよ」と言いながらも、内心は「本当、自分勝手な子」と花への怒りにあふれていた。

そして、みずきは、自分の恋を叶(かな)えるために花と成田を翻弄(ほんろう)した。成田の友人である一之瀬にも協力してもらうべく、彼とラブホテルで一夜を明かす場面もあった。さらにみずきは、「成田っち、あたしとエッチしちゃってるけど、いいの?」とウソをついたり、成田とキスをしているように見せかけたり、あの手この手で花を激しく動揺させた。傷ついた花に追い打ちをかけるべく、みずきが次に取った手段とは......!?

浅川の悪女演技に、視聴者が恐怖している様子。Twitter上では「怖すぎるあの親友超こえええ」「よくもまあ、ポンポンうそが出てくるな、THE小悪魔」「親友の嫉妬が1番怖いやつ~」「女って怖い生き物やな」といった声が続出している。

浅川梨奈が塩野瑛久とラブホテルで乱れ......親友を陥れる悪女ぶりに恐怖>>

(文/藤原利絵@HEW